※ お散歩ボランティアは個人でお散歩隊を結成して実施しています。
千葉県内外のいずれの団体にも属しておりません。 ※


◆一口フード支援金受付口座◆              
千葉銀行 浦安支店 普通 3723687 お散歩隊フード(オサンポタイフード)




第20回 お散歩ボランティアレポート



桃の節句も終わった4日、とても良い陽気の中でお散歩ボランティアが実施できました。


e0349048_20262255.jpg
今回からセンターのモデル犬達のお散歩をさせて頂くことになりました。
モデル犬達は、県内の学校等の児童・生徒及び県民の方を対象とした愛護教室に参加しています。
愛護教室について詳しくはこちら ⇒ 動物愛護教室

さすがモデル犬達、ハンドラーさんじゃなくてもおりこうで歩けました。




e0349048_20274248.jpg
こちらはお馴染み、お散歩ツイッターのアイコンくん。
センター仮名 「カプくん」 です。
君はいつでもいい笑顔だね~~~っ




e0349048_20295106.jpg
龍子です。
こんな厳つい顔をしていますが、お散歩隊がこよなく愛するラブリー女子です。
パワフルハイパー女子でも攻撃性は皆無です。





e0349048_20265756.jpg
この子はアイコンタクトばっちり。
おやつ欲しさではなく、本当に人が好きで好きで♪という子です。




子犬犬舎の子達。
e0349048_21251733.jpg





e0349048_21233804.jpg




e0349048_21230495.jpg




e0349048_21253466.jpg




e0349048_21255142.jpg




e0349048_21232211.jpg




e0349048_21235667.jpg






子犬犬舎やドッグランにいる子達のお散歩やふれあいが終わってから、
次は収容棟に収容されている譲渡対象の子達のお散歩です。
e0349048_20323192.jpg
彼らが満足のいくほどじっくり時間をかけたお散歩はできませんが、
それでも全員が順番にお散歩を終えて戻ると、
こんな風に落ち着いた様子で笑顔を見せてくれます。




e0349048_20282323.jpg
モデル犬かと見紛うくらいのいい子が、どうしてセンターにいるのでしょう?
どうしてこんないい子をお迎えに来ないのでしょう?
もったいない。
こんなに素晴らしいお宝を捨てちゃうんだもの。




e0349048_20304557.jpg
比較的元気っ子が多いテリア雑ですが、引きは強くありません。
お天気が良かったせいもあって、
何時間でも一緒にピクニック気分でゆっくりしていたいと思わせる子です。




e0349048_20291942.jpg
どちらもものすごく穏やかで、気が合いそうな二人です。
去勢手術を終えた子(右)は、このようなカラーをして傷口を舐めないようにしてもらいます。




e0349048_21220671.jpg
気持ちいいね♪






e0349048_21222551.jpg
毎日連れ出してあげられないのが申し訳ないです。






e0349048_20351008.jpg
尻尾が格納されちゃっていますが、この子もなんの問題もなくいい子です。
ポインターの 「ポイ子ちゃん」

e0349048_21213971.jpg
ガンドッグ飼育経験者でなくても無理なく過ごせると思います。





e0349048_20360210.jpg
オバチャン達が超絶期待をしている Kちゃん。
まだ若い彼女の犬に対する行動のひとつひとつすべてが、
本当に犬を愛しているんだなぁと感心させられます。

センターから癒しオーラいっぱいの子を家族として迎えてくれることに。

e0349048_22003899.jpg
センター仮名 「ムッシュくん」は、Kちゃんのお家で 「武蔵丸くん」として大事にしてもらえます。
良かったね!武蔵丸っ!!




e0349048_20365424.jpg
まだ若い柴子ちゃん。
次回のお散歩に来所した際には、どんな仮名をつけてもらっているかな。
ベタベタの甘えん坊さんです。


全員紹介しきれませんが、みんないい子。



お散歩に出る時に、汚れた新聞を取り替えて綺麗に整えます。
e0349048_20340595.jpg
センターのある富里は、都心に比べて朝晩はまだまだかなり冷え込みますので
少しでも暖が取れるようにと、多めに敷かせてもらっています。
身体にかけてあげたら、この笑顔でこのまましばらくじっとしていました。
沢山の皆様のご協力で、古新聞も気兼ねなく使用することができています。

現在は十分に集まっておりますが、毎日使うものです。
そのうちにまたご協力のお願いをすることになると思います。
その際はよろしくお願い致します。





収容犬・猫の為のフード一口支援にご賛同頂いた有難い支援金で
おかげさまで3回めのフード支援を行うことができました。
ありがとうございました!
e0349048_20332104.jpg
ご支援頂いた方や金額のご報告は改めてまとめさせて頂きます。

お散歩に参加するメンバーが口を揃えて言うのは、酷い水下痢をする子が減った!と。
水下痢は寒さのせいもあったかもしれませんが、
皆様のご支援による良質なフードを食べるようになったことも大きな要因かと思います。
栄養になる食べ物を摂取することの大切さを考えさせられます。

フード支援は今後も続けていきたいです。
その為にも一人でも多くの方のご理解とご支援、ご協力がなくては成り立ちません。
どうぞよろしくお願い致します。

一口フード支援フォーム ⇒ https://ws.formzu.net/fgen/S8954066/


また、収容されている猫達に使用している猫砂も、残り僅かとなっています。
感染症予防の観点からも、気持ちよくトイレができる環境を作る為にも
現時点でベストという猫砂のご支援を頂けると有難いです。
お願いばかりで恐縮ですが、予算の関係上すべてをセンターで賄うのは難しいのが現状です。
一頭でも多くの子達が第二の犬生、猫生を歩む為に、
そのスタートを待つセンターで少しでも快適に過ごせるよう、皆様のご協力が必要です。

下記の猫砂1袋でも結構です。
↓ ↓ ↓
固まる木の猫砂 15L ⇒ https://joyfulhonda.jp/item/143545/

《 送付先 》
〒286-0211
千葉県富里市御料709-1
千葉県動物愛護センター(本所) 愛護管理課
0476-93-5711

どうぞよろしくお願い致します。




次回のお散歩ボランティアは 3月18日(金)に実施予定です。
参加をご希望の方は、参加申し込み受付開始後に専用のフォームからお申し込みください。



016.gif 参加者のレポート 016.gif
みんなかぞく。






[PR]
by osanpo-center | 2016-03-04 22:59 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)