>
※ お散歩ボランティアは個人でお散歩隊を結成して実施しています。
千葉県内外のいずれの団体にも属しておりません。 ※


◆一口フード支援金受付口座◆              
千葉銀行 浦安支店 普通 3723687 お散歩隊フード(オサンポタイフード)

第32回 お散歩ボランティアレポート




熱帯低気圧の影響で蒸し暑い中、ご参加くださった皆様、
遠路お越しくださった方もいらっしゃって、ありがとうございます。
お疲れ様でした!



センターでは親子体験教室が開催されていましたが、
お散歩ボランティアにも親子でご参加くださった KちゃんとYさん、
AちゃんとTさん、
ありがとうございました。
とても嬉しかったです。

e0349048_11501043.jpg

Aちゃんとダックスのキャシーちゃん(センター名称)
恥ずかしがりやのキャシーちゃん。
声をかけても、目を合わせようとしても、写真を撮ろうとしても
お散歩してくれた Aちゃんの影に、すーっと隠れてしまいます。
そんな二人の可愛い様子を、離れたところから撮ることができました。

中学生のAちゃん、初めてのセンター訪問でのお散歩。
汚れた大人では感じ取りきれないような色々なことを心に刻んでくれたようです。
「自分でできることを考えて、また来たいです。」
そう言ってくれたAちゃん、いつでもウェルカムですよ。



e0349048_11530590.jpg

おもち嬢(センター名称)~~~~っ!!!
こちらはキャシーちゃんとは真逆の、それはもう「ワガママ」お嬢さん。
そうそう簡単に扱わせてくれない気位の高さを持ち合わせた、動けるおでぶさんです(笑)




e0349048_11483528.jpg



e0349048_11453070.jpg



e0349048_11445094.jpg

ゆーみちゃん(センター名称)
3年ほど前にセンターから一般譲渡になりましたが、お母さんが亡くなってしまい
ゆーみちゃんと共に暮らせない環境へ引っ越さざるを得なくなってしまったご家族により
再度センターへ戻ることになりました。
ゆーみちゃんにとっては悲しいお別れが続きましたが・・・
きっと、今度こそきっと、ずーっと一緒のご家族とのご縁があることを願っています。




e0349048_22453560.jpg



e0349048_22451676.jpg










仔犬犬舎の子達です。

e0349048_22455165.jpg


e0349048_22473910.jpg


e0349048_22471696.jpg


e0349048_22460786.jpg


e0349048_22465288.jpg


e0349048_22483073.jpg


e0349048_22485553.jpg


e0349048_22480208.jpg


e0349048_22493232.jpg


e0349048_22502242.jpg


e0349048_22500202.jpg


e0349048_22504871.jpg

この子達の全身から発している不安が消え去り、
みんなの瞳に、いつも優しく微笑みかける人の顔が映る日が来ますように。
どの子も経験不足による不安が大きいので、
根気強く向き合えるボランティアさんによるケアが必要です。




溜息が出るくらい、子猫達の収容も本当に多いです。

e0349048_11285074.jpg



e0349048_11303185.jpg



e0349048_11294765.jpg



e0349048_11334080.jpg



e0349048_11331780.jpg



e0349048_11352015.jpg



e0349048_11342627.jpg



e0349048_11370152.jpg



e0349048_11372746.jpg



e0349048_11375566.jpg



e0349048_11384687.jpg



e0349048_11392365.jpg




e0349048_11421934.jpg



e0349048_11414991.jpg



e0349048_11432304.jpg



e0349048_11425237.jpg



e0349048_11440093.jpg



e0349048_11400572.jpg



e0349048_11404718.jpg

完全な乳飲み子ではありませんが、完全に離乳するまで
もう少しの間ケアが必要な週齢の子猫が多く、また、状態が良くない子がほとんどです。

なるべく殺処分しないという方針で、センターや職員さん達が忙しい職務を縫って
懸命にお世話をしてくださっていますが、手が足りず、出来ることにも限りがあります。
授乳のみでしか育たないという子以外は、否が応でも自力で食事を摂らないと
どんどん弱り、体力が落ち、最悪の場合は亡くなってしまうことも稀ではありません。
昨日まで元気にしていた子猫が、翌日冷たくなっていた・・・ということは
これまでも散々この目で見てきました。

殺処分ゼロ!!と声を大にして叫ぶのもいいと思います。
殺処分がない世界を望みます。
ですが、現実的に収容には限界があります。
命が繋がった子達を引き受ける器がないと、結局はセンターも犬や猫で溢れるのです。

では、その器はどれだけの数も引き受けられる器でしょうか。
そうではないからこそ、どんなに可愛くても、どんなに状態が悪くても、
どんなに助けたいと思っても、器が足りないことで
引き出されることなく収容されている子がいるのではないでしょうか。
何よりも、センターのキャパも、器も足りない状況にしているのは
命を軽視する一般市民の意識の低さです。

器(=キャパ、資金力)があっても、蓋をしたままのケースもあるでしょうし
器から零れ落ちそうな状態を必死で抱きかかえているケースもあるでしょう。

命を軽視する蛇口からじゃんじゃん放出され、途切れなく収容される犬や猫。
蛇口を閉めなければ、引き受けられる器とのバランスがとれなければ、
殺処分はなくなりませんし、根本的な解決には繋がりません。

器を大きくしたくてもできないケースも多いです。
それでも懸命に頑張っているところには、その器の底が抜けないよう、
苦悩することなく維持できるようなサポートが必要だと思います。
有名どころが注目され、有名どころに集まりやすい資金も
もっと、本当に必要としているところへ流れるよう、
サポートする側の目を肥やすことも必要だと感じています。




センターのOさんが授乳中の仔犬の授乳ボランティアさん、預かりさんを募集しています。

e0349048_11311935.jpg

まだ目が開いていませんので、生後10日ほどの男の子です。
◆しっかり離乳が完了するまで育ててくださる方
  (その後センターに戻して頂いても構いません)
◆預かって里親さまを探して頂ける方
◆家族の一員として迎えてくださる方...

上記いずれか可能な方は、お散歩隊までご連絡ください。
osanpo_center@yahoo.co.jp



皆様からご支援頂いている、一口フード支援から
センターにフードをお届けしました。

e0349048_11305415.jpg
ご協力くださった皆様、ありがとうございます!
心から感謝申し上げます。
引き続き、センターの子達の為の一口フード支援金を受け付けております。
どうぞよろしくお願い致します。
◆千葉銀行 浦安支店 普通 3723687
お散歩隊フード(オサンポタイフード)



次回のお散歩ボランティアは 9月2日(金)を予定しております。
参加申し込み受付は 8月25日(木)から開始します。









[PR]
by osanpo-center | 2016-08-20 14:23 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)

千葉県動物愛護センター(本所)でのお散歩ボランティアのご案内とレポート


by osanpo-center