※ お散歩ボランティアは個人でお散歩隊を結成して実施しています。
千葉県内外のいずれの団体にも属しておりません。 ※


◆一口フード支援金受付口座◆              
千葉銀行 浦安支店 普通 3723687 お散歩隊フード(オサンポタイフード)




第34回 お散歩ボランティアレポート


今回のお散歩ボランティアは前回から3週間空いての実施となりました。
前日まで台風の影響が懸念されていて、もしや中止か?!という声もチラホラ・・・。
いやいや、ところがどっこい。
難なく実施できたのは、日頃の行いが良いからでしょうか?
(ということにしておいてください)
いえ、センターのみんなが台風をうまく回避させてくれたのだと思います。




皆様にご協力頂いている一口フード支援から、フードをお届けしました。

e0349048_23041002.jpg

ご支援くださった皆様のお気持ちと共に、
センターの子達の栄養となるフードをお届けすることができました。
ありがとうございました。



仔犬犬舎の子達です。

e0349048_00385138.jpg


e0349048_00382371.jpg




e0349048_00360210.jpg


e0349048_00354774.jpg




e0349048_00372978.jpg




e0349048_00370990.jpg




e0349048_00375707.jpg




e0349048_00364908.jpg




e0349048_00363051.jpg




e0349048_00352815.jpg




e0349048_00351095.jpg




e0349048_00340913.jpg




e0349048_00344853.jpg




e0349048_00342797.jpg




e0349048_00335158.jpg

お散歩に行ける子は少ないので、ほとんどの子がふれあいメインです。
なるべく時間をかけてゆっくりふれあうよう心がけていますが、
それでも時間は全然足りません。

本来ならば常に誰かがそばにいて、あたたかい眼差しと、優しく撫でてくれる手があれば
もっともっと原石が磨かれていくようにこの子達の笑顔を引きだせるのでしょうが
そういった経験を積むこともなくセンターに居たのでは、原石のままです。
磨きをかけ輝かせてくださる方の元で生き生きと過ごせる日が来ますように。
私達ももう少し長い時間、ゆっくりじっくりふれあいができればいいなと思っています。


女子部屋のこの子達も同様です。

e0349048_23030450.jpg




今回はドッグランの子達は一枚も撮っておりません。

e0349048_23014705.jpg




e0349048_23070020.jpg




e0349048_23090531.jpg




e0349048_23075807.jpg




e0349048_23001161.jpg




e0349048_22584245.jpg

このダックスはアカラスと思われる症状で、気の毒なほど皮膚が荒れていました。
犬にとっては痛みよりも痒みの方が耐え難いと聞いたことがあります。
本当かどうかは別としても、痛みだろうが痒みだろうがどちらにしても不快な症状は
一刻も早く取り除いてあげたいです。

長雨のせいか、真菌を患っている子も目立ちます。
濡れた状態を回避できるよう、こまめに新聞を取り替えてあげるだけでも
ずいぶんと違うはずです。
そろそろ古新聞の募集も再開したいと思いますので、
センターの子達の為にご協力をお願い致します。



諭吉ちゃんのことはお散歩隊のfacebookでもお知らせしていたので、
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、幸せへの旅立ちの前の諭吉ちゃんです。

e0349048_23050999.jpg

収容棟のケージの中で存在を消すようにしていた諭吉ちゃんが
その小さな身体で感じた愛のおかげで、瞳の中に生気が宿ったかのようです。
「あなたを大切にする」
揺るぎないその一言で、こんなにも変わるなんて。

センターにいる子達みんなが、誰かにそう言ってもらえたら
そう言ってもらうことをセンターという場所で待つこともないのに。


「あなたを大切にする」
心からそう言ってくれる人と、みんなが巡り合うことができますように。



次回のお散歩ボランティアは 30日(金)に実施予定です。





[PR]
by osanpo-center | 2016-09-25 01:00 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)