※ お散歩ボランティアは個人でお散歩隊を結成して実施しています。
千葉県内外のいずれの団体にも属しておりません。 ※


◆一口フード支援金受付口座◆              
千葉銀行 浦安支店 普通 3723687 お散歩隊フード(オサンポタイフード)




第44回 お散歩ボランティアレポート


これまで、回数でレポートをカウントしてきましたが、
臨時でのお散歩ボランティアを含めると回数に誤差が生まれますし、
次回からは回数カウントではなく、実施日を記載したレポートにしようと思っています。




今回のセンター訪問時に合わせて、古新聞、バスタオルなどのご支援を頂戴しました。
ご協力くださった皆様、ありがとうございます!

e0349048_10274483.jpg



ご協力頂いたバスタオルや毛布はこのようにして使用したりもします。
e0349048_09033306.jpg
ここは普段ドッグランに出ている子達の個室(笑、バリケン)がある譲渡室ですが、
夜の間の冷気を少しでも避ける為に、毛布をバリケンの上から覆って温めます。

また、仔犬犬舎で少しでも暖を取れるように厚めに敷いてあげたり、
センターでも冷えを防ぐ為の工夫をしてくださっています。
一般のご家庭で、温かい部屋のふかふかのお布団の上でゆっくり・・・というレベルではありませんが
それでも、寒空の下で吹きさらしの犬小屋に繋がれている外飼いの子達が感じる寒さに比べれば全然いいと思います。






仔犬犬舎の子達です。

e0349048_10264256.jpg

e0349048_10254404.jpg

e0349048_10271547.jpg

e0349048_10262008.jpg

e0349048_09255943.jpg

e0349048_09233177.jpg

e0349048_09240823.jpg

同じ子です。お部屋の掃除の際に走り出て、狭いところに潜り込んで固まってしまいましたが
リードをかけて戻ってもらいました。

e0349048_09250369.jpg

e0349048_09264171.jpg
時折みぞれだったり、あられが降ったりの、それはそれは寒い一日だったので
濡れたコンクリートにへばりつく姿は余計に寒々しく感じますし、心と身体も冷え切ってしまうのではないかと心配になります。





身体が濡れて冷えてしまうと体調不良を招きますので、簡単に用足しを終えた後は
ホールにてふれあいメインとなる子が何頭か。

e0349048_10244826.jpg

すぐる
飼い主募集中!【管理番号】4529
https://youtu.be/wOAYTlCjAtI




e0349048_09272007.jpg
洋服ぷー
(名前がないので、お散歩隊で勝手に呼んでいる名前です)



e0349048_09070798.jpg

おもち


e0349048_09113362.jpg

マロン
収容されたての頃は、モップ状態もいいところで、
固まった毛玉が更に毛玉を形成して大きくなるにつれ皮膚を引っ張り、
これが人間だったらどれだけだろう・・・という状態でしたが
ボラトリさんが綺麗にトリミングしてくださって、スッキリイケメンに。


e0349048_09221479.jpg


e0349048_09100274.jpg


e0349048_09004030.jpg
旧シャンプー室からお散歩に出ている子以外の子達とはふれあい。
そばにいても痛いことも怖いことも何もしない。差し出された手の中にあるおやつを食べても平気。ということを、何億何兆とある細胞のたったひとつにでも記憶してくれたらいいな。


e0349048_09105789.jpg

ハチエモン
なんとも愛嬌のあるお顔のハチエモン
お顔の印象とは対照的に、とっても繊細で、強引さは皆無なハチエモンです。


e0349048_09225448.jpg


e0349048_10250719.jpg

チョコラブくんはまだ若いせいか、好奇心旺盛、空気を読めないタイプですが
その分まっさらな感じがして、きちんと規律のある生活をすれば
ムチムチボディー全身で色んなことを吸収してくれそうです。


e0349048_08595508.jpg

スズナ
本当に穏やかで、そばにそっと寄り添っては
たまにお手をしてくれたりします。
君に「お手」を教えてくれた人は、あなたが今ここで
素晴らしい第二の犬生のスタートを待っていることを知っているんだろうか。


e0349048_09025889.jpg

ウスター


e0349048_08584466.jpg




e0349048_09015927.jpg

新田(通称ブッチャー)
飼い主募集中!【管理番号】4361
https://youtu.be/_TLFoxomsxE

それにしてもブッチャー。近すぎ、近すぎだわ(笑)


e0349048_09204170.jpg
この子を含め、ラブやプードルの収容が比較的目立つような気がします。

朝起きたらベッドの中にいた!とか、暖炉の前に座っていた!なんて
まるで海外ドラマのようなシチュエーションで降って湧いて出てきた訳ではあるまいし
「この犬種がいい」
と、自分で選んで家族として迎えたのではないのでしょうか?

純血種にしろ、雑種にしろ、唯一無二の大切な命です。
その命を自分の手の中で大切に育み続けられないものでしょうか?

私達人間の、何倍ものスピードで時間が過ぎていくこの子達の命が尽きるまで十数年の間
その命に真剣に向き合いきれないものでしょうか。
責任を負えないのであれば、かけがえのない命に関らないという決断をすることができないものでしょうか。
その決断が、犬や猫へ対する優しさであるとも思います。




1月26日(木)
センター本所にて、譲渡会が開催されます。
私にとって、センターはまるで宝の山のように見えます。
きっと、誰かにとってもかけがえのない宝物になるだろう子達が、第二の犬生・猫生のスタートを待っています。
現在飼い主募集中の犬、猫の情報は ↓ こちら ↓ でご確認ください 。
千葉県在住の飼養希望者(20歳から65歳以下)に、成犬・成猫の譲渡を実施しております。
様々な理由で収容された犬・猫のうち、譲渡が可能だと判断できた(健康状態や性格等を確認しておりますが、動物によっては、御留意いただきたい点等がある場合があります)子たちが対象となります。





尚、次回のお散歩ボランティアは 1月25日(水) 実施予定です。
どうぞよろしくお願いします。
※予定人数に達したため、参加申し込み受付は締め切らせて頂きました※





[PR]
by osanpo-center | 2017-01-21 16:26 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)