※ お散歩ボランティアは個人でお散歩隊を結成して実施しています。
千葉県内外のいずれの団体にも属しておりません。 ※


◆一口フード支援金受付口座◆              
千葉銀行 浦安支店 普通 3723687 お散歩隊フード(オサンポタイフード)




3月31日 お散歩ボランティアレポート



センター内での収容犬の画像を用いては、
「緊急!」「拡散希望!」「里親募集!」などなど・・・
どうして「緊急!」なのか分かりませんが、、、
今流行りのインスタグラム内でそういった投稿がやたらと目立ち、これは困ったもんだなぁと思っていました。
正直なところ、確かに緊急の場合もあります。
乳飲み子が収容され、授乳を引き受けてくださる方がいないと命が危うい状態であるとか。
しかし、収容されている子達の画像を勝手に引用しては、緊急や殺処分や助けてなどの文言が加わるのは、モラルやマナー以前の問題の誤った情報として違うと思うのです。
ブログにツイッターにfacebookと、少ない時間の中でなるべく多くの子の様子をお伝えできるよう心がけてきましたが
正しい情報をお伝えできるよう、ついに?(笑)お散歩隊でインスタグラムも始めました。

処分などにはならない犬達のお散歩の際の、ブログには載せきれないみんなの表情をアルバム感覚で見て頂けたらと思います。

お散歩隊インスタグラム ⇒


前置きはこの辺で。

子犬犬舎の子達です。

e0349048_11440659.jpg


e0349048_11450161.jpg


e0349048_11435161.jpg


e0349048_11443936.jpg


e0349048_11471596.jpg


e0349048_11460289.jpg


e0349048_11452330.jpg


e0349048_11462316.jpg


e0349048_11481094.jpg


e0349048_11473534.jpg


e0349048_11501218.jpg



e0349048_11482808.jpg


e0349048_11485005.jpg


e0349048_11491040.jpg



e0349048_09090057.jpg


この日、高校生が遠路電車を乗り継ぎ、お散歩ボランティアに参加してくれました。
とても嬉しいことです。

これからを担う若い子達が、犬や猫を取り巻く環境を肌身を持って実感し、
そこから自分に何ができるのかを考えるきっかけとして、お散歩ボランティアがお役に立てるなら
これほど嬉しいことはありません。
センターで行っている愛護教室も含め、もっともっと私達大人が、子供達の心の中でいい種を育ててもらえるよう
「知る」機会を整えていく必要があると思います。

お子さんのいるご家庭などは特に、学校での愛護教室開催を働きかけて頂くなど
お散歩ボランティアに参加しなくても、預かりをしなくても、犬や猫を迎えられなくても
できることはあります。

千葉県動物愛護センター本所 愛護教室について
   ↓ ↓ ↓

是非、愛護教室の開催をご検討ください。
学校の授業としてでなく、地域のコミュニティー単位での開催も可能です。
その際はお散歩隊でのお手伝いも可能ですので、お気軽にご相談ください。




e0349048_09180276.jpg
あぐちゃん



e0349048_09163471.jpg
まだ乳歯のパピーちゃんです。



e0349048_11431581.jpg
八右衛門
飼い主募集中!本所【管理番号】4679
https://youtu.be/sXerITDInoc



e0349048_11425706.jpg



e0349048_09221398.jpg
おもち



e0349048_09212215.jpg
ピグちゃん
飼い主募集中!本所【管理番号】4655
https://youtu.be/QQQU4Jux5bs



e0349048_09230334.jpg



e0349048_09235132.jpg
リガトーニ



e0349048_09253231.jpg
新田くん
飼い主募集中!本所【管理番号】4361
https://youtu.be/_TLFoxomsxE



e0349048_09244045.jpg
あづき



e0349048_09261244.jpg



e0349048_09265290.jpg
アサヒ



e0349048_09284556.jpg



e0349048_10032100.jpg



e0349048_10050095.jpg
ちょこちゃん
飼い主募集中!本所【管理番号】4634
https://youtu.be/ir5Yy2zkgMc



e0349048_10090665.jpg
はじめ
飼い主募集中!本所【管理番号】4716
https://youtu.be/uY_6rFD6MDs



e0349048_10071832.jpg






旧シャンプー室(女の子部屋)

怖い気持ちが先行している子が多い中、落ち着いていていい子だなぁと思います。
e0349048_10001394.jpg


e0349048_10013654.jpg
あれれ(笑)
一瞬ギャグみたいですが、本人達は必死。


e0349048_09292948.jpg
大丈夫だよ。
いつか顔をあげて笑顔を見せてね。

e0349048_09591663.jpg





四日目の部屋と呼ばれていた男の子部屋です。

e0349048_09280492.jpg


e0349048_09273105.jpg





最終部屋と呼ばれる部屋の子達です。
e0349048_09185737.jpg


e0349048_09193496.jpg

千葉県内の各保健所で収容され、期限が切れた子達はセンターに移送されてこの部屋に入ります。
ここからみんな平等に選定というチャンスをもらえますが、
何項目もある選定にもれてしまった場合は譲渡対象として残ることはできません。

その選定も、一般家庭で過ごすにあたって、最低限クリアできなければ人との共存は難しいだろうと判断される内容です。
時間をかけ、何年もじっくり向き合って心の氷を溶かしていけば、選定結果がどうであれ
どの子もみんなチャンスがあるのだと思いますが、現実はそう甘くないです。
致し方なく断腸の思いで処分をせざるを得ない子がいるのも事実。


それを処分という括りでただただ反対!と声高らかに叫んでないで、だったら処分になる子を引き受ければいい。
確かに処分方法は変えて欲しいです。
苦しみもがきながら命を絶つガスなどではなく、もっと他の方法をとってもらえたらと思います。
ですが、処分するセンターを責める前に、処分される子を出してしまった飼い主を責めるべきです。
命を命とも思わない低い意識を変えていく努力に労力を回すべきです。


現場に立ってみればいい。
自分の目で、肌で、耳で、感じた方がいい。
私はそう思います。


e0349048_11502765.jpg
いつも撮り忘れてしまって申し訳ありません。
この日も古新聞のご協力を頂きました。
ありがとうございます!




次回のお散歩ボランティアは 4月7日(金) 実施予定です。
本日2日(日)から参加申込み受付を開始します。
ブログTOPに記載された専用のフォームからお申し込みください。
締め切り後に順次ご連絡致しますので、それまでお待ちくださいます様お願い致します。

お一人でも多くご参加頂けると、その分一頭にかける時間を多く持てます。
皆様のご参加をお待ちしております。




[PR]
by osanpo-center | 2017-04-02 11:37 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)