>
※ お散歩ボランティアは個人でお散歩隊を結成して実施しています。
千葉県内外のいずれの団体にも属しておりません。 ※


◆一口フード支援金受付口座◆              
千葉銀行 浦安支店 普通 3723687 お散歩隊フード(オサンポタイフード)

2017年 07月 10日 ( 1 )



七夕の日、お散歩しながら願うことはただ一つ。
収容されたみんながセンターを卒業して、それぞれが最後の瞬間まで家族として愛してもらうことができますように。




子犬犬舎の子達です。

e0349048_10453597.jpg



e0349048_10452046.jpg



e0349048_10450380.jpg



e0349048_10444107.jpg

e0349048_10442427.jpg



e0349048_10455391.jpg



e0349048_10460846.jpg



e0349048_10462756.jpg

e0349048_10464577.jpg



e0349048_10470301.jpg



e0349048_10472570.jpg



e0349048_10474280.jpg



e0349048_10480203.jpg



e0349048_10485412.jpg



e0349048_10491456.jpg




e0349048_10495061.jpg



e0349048_10493361.jpg




フィラリアの影響などがあったり、ぐいぐい引っ張る子は今回からハーネスを使用してのお散歩にしました。
全員にハーネス着用でお散歩することが理想ですが、まったく引っ張らないで歩ける子も多いので、そういう子は従来通り。
隊長、副隊長以外の方にも力負けせずにお散歩してもらえることと、何よりも咳き込んだりして苦しくなくお散歩できた子が楽だったと思います。
サイズを変えて数本用意しましたが、もっと必要であれば、今後は一口フード支援で頂戴したご支援の中から購入させて頂くこともあるかも知れませんので、予めご了承ください。




e0349048_13140125.jpg
マップ君




e0349048_13104468.jpg
ふぁんたじー




e0349048_13154634.jpg

e0349048_10431836.jpg
天津飯シリーズ、てん君
飼い主募集中!本所【管理番号】4865




e0349048_10440191.jpg

e0349048_13434017.jpg




e0349048_10434189.jpg
竹蔵君
飼い主募集中!本所【管理番号】4851




e0349048_13273652.jpg
ヴィクトリアさん




e0349048_13194616.jpg
天津飯シリーズ、はん君
飼い主募集中!本所【管理番号】4880




e0349048_13180414.jpg




e0349048_13243055.jpg
新田(ぶっちゃー)君
飼い主募集中!本所【管理番号】4361




e0349048_13344267.jpg
キララちゃん



e0349048_13370863.jpg



e0349048_13392632.jpg
天津飯シリーズ、しん君
飼い主募集中!本所【管理番号】4879




e0349048_13494782.jpg



e0349048_13514978.jpg




e0349048_13414234.jpg
こん君



e0349048_00112580.jpg
マロンでもロッキーでもありません。
まだ名無しくんです。




e0349048_13473606.jpg
マロン










facebookではすでにお知らせしたのですが、この日また嬉しい卒業に立ち会えました。
一般譲渡対象だったミールをお迎えくださった里親の Mさん が、
17歳という高齢になってから持ち込まれた猫を家族の一員として連れ帰ってくださいました。

e0349048_14545477.jpg

『おじじ』と名付けられ、センターの職員さんからも可愛がられていたのですが
おじじを気にかけていた副隊長がぽろっとおじじの存在を Mさんに 話したことがきっかけで、Mさん即決。(副隊長!でかした!!笑)
すぐにご家族にご確認くださって、ご家族の皆様も快く引き受けてくださることに。

この迷いのない即決、保護活動をする身としてはとても大切だと感じています。
もう何年前のことになるでしょう…。
センターを訪問していた際に、女性2人連れがシーズーを引き取って欲しいと来所したところに立ち会いました。
「10年間、2人で暮らしたアパートで飼っていたけれど、大家さんに見つかってしまい、
年内中に退去するか、処分するかどちらかにするよう迫られており、引っ越しはできないので引き取って欲しい」と。

応対した職員さんと一緒に、親御さんや親戚や友人などに少しの間お願いして、里親さんを探すなり
飼育可能なアパートやマンションに引っ越すなり、大の大人2人も揃っているのだから
知恵を絞って努力することを促しましたが、
「せめても、、、と思い、新しい飼い主さんに出会えるよう昨日トリミングしてもらってきました。」
新しいリボンを付けて、年末だった為、寒さ対策なのか毛糸のセーターも着せてもらったシーズー。
センターでは新しい飼い主さんを募集したりする施設ではないこと(当時は)、引き取りの場合は処分になることをお伝えしたのですが
「それならそれで仕方がない・・・」と。

結局はセンターがシーズーを引き取り、職員さんに連れられて収容棟までの廊下を歩いていく途中、その子は3度振り返りました。
まるでサヨナラとでも言っているかのように、名残惜しそうに、寂しそうに、悲しそうに。

振り返った時のその顔が忘れられず、、、シーズーのような小型犬は得意分野ではありませんでしたが
引き受けることを即決せずに帰宅してしまったことをとても後悔しました。
居ても立ってもいられず、翌朝一番で引き受ける旨を伝える為センターへ連絡すると、思いもよらぬ答えが返ってきたのです。
「朝来たら亡くなっていました。おそらくショックからくる死ではないか…。」と。

心から後悔しました。
何故その場で引き受けなかったのか…。
何を迷ってしまったんだろう…どうして即決しなかったんだろう…。
そうしなかった私が殺してしまったのも同然だ。そう思いました。
それ以来、この10年程は同じように即断を求められるようなことが多々ありましたが
迷うくらいならやる!そう決めて行動してきました。
一瞬の迷いが結局はあとで後悔することに繋がってしまうことを、嫌になるくらい経験したからです。
迷うことなく決心して行動すれば、必ず道は開ける。


もちろん、熟慮することも時には必要かも知れません。
だけど、もし犬や猫に関わることで迷うことがあったなら、その時はこの隊長の取り返しのつかない失敗談を思い出してください。
決心が力強く背中を押してくれることがあると思います。


長くなってしまいましたが、Mさん、おじじをよろしくお願いします!
きっと先住猫さんと同じように、猫大好き!なミールにべろべろしてもらっていると思います。
おじじの余生を Mさんの家族として送ることができて本当に良かったです。
ありがとうございました。




一口フード支援にご協力頂いた皆様のおかげで、職員さんからご希望のあった子猫用のフードをお届けすることができました。
ご支援、ご協力ありがとうございます!

e0349048_14510421.jpg

e0349048_14523199.jpg





次回のお散歩ボランティアは 7月14日(金)実施予定です。
参加をご希望の方は、ブログTOPに記載された専用のフォームからお申込みください。
受付締切後に順次ご連絡致します。
お一人でも多くの方にご参加頂けると、その分一頭にかける時間を多く取ることができますので
ご都合のつく方はどうぞよろしくお願いします。




[PR]
by osanpo-center | 2017-07-10 00:32 | お散歩ボランティアレポート | Comments(2)

千葉県動物愛護センター(本所)でのお散歩ボランティアのご案内とレポート


by osanpo-center