※ お散歩ボランティアは個人でお散歩隊を結成して実施しています。
千葉県内外のいずれの団体にも属しておりません。 ※


◆一口フード支援金受付口座◆              
千葉銀行 浦安支店 普通 3723687 お散歩隊フード(オサンポタイフード)




カテゴリ:未分類( 2 )



センターに収容されている犬・猫へのフード支援の為に
一口1000円からご協力いただける様、専用の口座を用意致しました。


◆一口フード支援のお振込先口座◆
  銀行名:千葉銀行
  支店名:浦安支店
  預金種別:普通
  口座番号:3723687
  口座名義:お散歩隊フード (オサンポタイフード)




センターにお送り頂くフードの保管場所の問題などもあり、
皆様からお預かりした費用で、必要な時に必要な分だけ支援したいと思います。
フードだけではなく、猫砂など、その時々に最優先で必要な物資購入になる場合もありますので
予めご了承ください。

数千円~数万円という高額なご負担でなくとも、ランチ代一回分程度の支援でも負担なく続けて頂ける様
継続は力なり!!です。


ご支援頂いた月ごとに、フードを購入した際もその都度お散歩隊ブログにてご報告致します。



センターに収容されている犬や猫は、皆様からのご支援がなければ食べられない訳ではありません。
ですが、多くの愛犬家・愛猫家が選んで食べさせてあげるようなフードではなく
収容数が増えれば増えるほど消費するフードの量が必要になりますので、予算の関係上
なんとかお腹を満たすだけで、栄養的には粗悪なものにならざるを得ないのが現状です。

満身創痍の状態で収容される子がほとんど。
少ししか口にできない子、、、自力では食べられないような子、、、
とにかく身体の栄養になるものが必要と思われる子、、、さまざまな状態の子が収容されますが、
栄養をつけることができず、体力が持たずに力尽きてしまう子がいるのです。

そして、お腹の状態が安定しない子がほとんどです。
細菌や虫などの影響で腸内環境が整っていないことも原因のひとつですが、
ただでさえ下痢は体力を奪います。
体力、免疫力のない上に、ストレスなども重なり、一般家庭にいる子以上にケアが必要です。

少しでも良質なフードを食べてもらうことで、しっかりと身体に栄養を行き渡らせてあげたいです。

運よく第二の犬・猫生を歩む為にボランティアさんによって引き出してもらっても、
よくない体調が整うまでに各ボランティアさんのケアも大変なものになります。
マイナスから始まるケアが、少しでもゼロからのスタートにできる状態に近づける為にも
何よりも、犬や猫の為に、一人でも多くの皆様のご協力をお願い致します。



~・*・~・*・~・*~・*・~・*・~・*~・*・~・*・~・*~



センターでは古新聞を使用しています。


e0349048_22454924.jpg

毎日大量の古新聞を必要としており、常に足りない状況です。


排泄物などで汚れてしまった場合も、濡れて汚れたままにせず、気兼ねなく交換してあげられるよう
皆様に古新聞のご協力をお願い致します。


お散歩ボランティアに参加される際に持ち寄ってくださるだけでも大変助かります。
※その際には新聞紙のみで、チラシは混入しないようお願い致します※



センターではバスタオルも多く使用しております。
猫用ケージの中で にゃんもっく として使用したり、治療などの際にも使用しますし、
冬場には暖を取る為に犬のケージ内に敷いて使用します。
ご自宅にお使いになっていないバスタオルがございましたら、ご協力頂けると有難いです。
※新品でなくても構いません。破れなどがなく、お洗濯済みであれば大丈夫です※






古新聞・バスタオルの他に、お散歩ボランティアにご参加される際のご協力のお願いとして
 ●ビニール袋(A4サイズ程度のもの)
 ●キッチンペーパー
 ●おやつ(未開封で保存がきくもの)
など、いずれかご持参頂きます様、ご協力のほどよろしくお願い致します。





※スリップリード、マーチンゲールカラー、リード等をご支援頂けると大変助かります※

e0349048_20022649.jpg
以前にご支援頂いたものや、ご寄付で購入させて頂いたものも合わせて
お散歩隊で用意したスリップリード、マーチンゲールカラーがありますが
ご参加くださる方が増えたことで、足りておりません。

センターの犬達に人と並んで歩く楽しさを味わってもらいながらも、何をおいてもまずは
脱走・逸走に最大限注意しながらのお散歩の為、より安全に効率良くお散歩をする為に
備品は少しでも多くのものが完備されていることが望ましいです。

 ●スリップリード 9mm径のタイプ
 ●マーチンゲールカラー バックルタイプ
 ●首輪 小型~中型犬サイズ(バックルタイプが望ましいです)
 ●リード
(破損がなければ中古品でも構いません)
 

ご支援くださる方には個別で送付先をご案内致しますので
osanpo_center@yahoo.co.jp までご連絡ください。
よろしくお願い致します。



[PR]
by osanpo-center | 2016-12-29 12:31 | Comments(0)
10月23日 第11回お散歩ボランティア無事終了いたしました。

曇り時々晴れのお天気で、暑くもなく寒くもなく気持ちのいいお天気でした。
ご参加くださったみなさま ありがとうございました。
e0349048_1113469.jpg


今回もいつものように、センターの方の指示により
お散歩に出られる子たちは楽しいお散歩に、
体調に問題のある子や、極度のビビリの子たちは「ふれあいタイム」でゆっくり触ったり、
たくさん話しかけたりしました。


e0349048_00064748.jpg




お散歩は収容棟から出て、広場まで歩きこの広場を基本的には2周歩きます。


e0349048_00081924.jpg




e0349048_00091474.jpg


みんなお部屋から出るときは「早く! 早く! ハ・ヤ・クッ!!」という感じで
グイグイ引っ張っていく子がほとんどですが、
広場につくまでの間、または広場1周目でウンやシーを済ますと落ち着いて歩き、
いい笑顔を見せてくれます。


e0349048_00072310.jpg


e0349048_00003254.jpg


e0349048_13495279.jpg


この子は先日まで6匹の仔犬を育てていました。
当時の「育児疲れ」の様子はもう全く感じられず、無邪気で甘えん坊になりました。
e0349048_213391.jpg



おいしいおやつをもらえるのもお散歩の楽しみの一つです。
e0349048_00012300.jpg




このプードルは、何回か前のお散歩ボランティア当日に
通報があり職員さんが保護してセンターに連れてきた子です。

到着時に、「マイクロチップが入ってた!!」「これで返せる」と喜んだのに
お迎えには来てもらえなかったようです。
e0349048_00055461.jpg






収容棟にはこんな子もいました。

【センターお散歩ボランティア】ツイッターより
小さなプードルが身体中に背負っていたフェルト状の鎧。
身動きできない程の塊となり、その重みで皮膚が引っ張られ、痒くても痛くてもどうすることもできなくなるまで放っておける人間の残酷さ。
自分が同じ目に遭ったらどうなるんでしょう?

e0349048_00025023.jpg


前方に写っている板のような塊、全部この子の身についていたもの
つまりのびきった被毛 汚れて固まってしまった被毛です。
このために、満足に口も開けられず、足を完全につくこともできず
体が痒くても掻くこともできない状態でした。
余りのひどさに見かねてお散歩メンバーができるだけトリミングしました。

この子はこの子自身の体に「虐待」されていました。
もちろんその原因を作ったのは、ここまで放置していた「人間」です。






次回お散歩ボランティアは 11月6日(金)開催予定です。

参加をご希望の方は申し込み受付開始後に専用フォームからお申し込みください


お散歩を心待ちにしているセンターの子たちの為に
ご協力をよろしくお願いいたします。


                    058.gif参加者のブログ058.gif

                    072.gif「るると一緒に」

                    053.gif「桃太郎日記」
[PR]
by osanpo-center | 2015-10-25 10:50 | Comments(0)