>
※ お散歩ボランティアは個人でお散歩隊を結成して実施しています。
千葉県内外のいずれの団体にも属しておりません。 ※


◆一口フード支援金受付口座◆              
千葉銀行 浦安支店 普通 3723687 お散歩隊フード(オサンポタイフード)

カテゴリ:お散歩ボランティアレポート( 93 )





センター(本所)にてお散歩ボランティアを始めてから1年が経ちました。
ご参加くださる方も増え、事故やトラブルなどなく無事に続けることができました。
ご協力、ご支援くださった多くの皆様のおかげです。
ありがとうございます。


お散歩ボランティアと並行して、古新聞やバスタオルのご協力や一口フード支援、
猫砂支援なども沢山の方のご協力のもと、コツコツと続けられています。
心から感謝申しあげます。
本当にありがとうございます。

これからもまた1年、更に1年と、
センターに収容された犬や猫の為に地道に続けていきたいです。
この先も応援よろしくお願い致します。

一口フード支援 4月分のご報告をしました ⇒

e0349048_12395999.jpg

みんなとお散歩する広場の藤棚が華やかな装いになっていました。
いいですね~、季節ごとに楽しめるお花があるって、素敵。
(顔に似合わないことを言うんじゃない!という中の人へのクレームはお断りします(笑))





仔犬犬舎の子達です。

e0349048_17461431.jpg





e0349048_17455023.jpg





e0349048_17453464.jpg





e0349048_17452148.jpg





e0349048_17450632.jpg

楽しいこと、いっぱい経験できるようになるといいね。







e0349048_12172393.jpg

今日も元気!元気!
飼い主募集中!本所 【管理番号】4352⇒



e0349048_11273170.jpg

カプくんも元気!
カプくんの収容期間が1年半以上と、一番の古株になりました。
最初の頃に比べたらまるで別犬のようにスリムになって、
あれだけ痒がっていたお耳もすっかりよくなりました。



e0349048_12235211.jpg

某携帯会社のお父さんみたいです。



e0349048_12123744.jpg

新田ブッチャーくん(センターの職員さん命名です)。
この愛嬌のあるお顔!
この顔で(失礼!)おやつはそ~っと優しく食べてくれます。



e0349048_12212201.jpg

この子も長居組になりました。
どんどんお目目が見えなくなって、こうやって足音を頼りにトコトコのんびり歩きます。
残りの犬生をゆっくり一緒に歩いてくれる優しい足音について歩ける日がきますように。



e0349048_12261866.jpg

全身で甘えてくるデレデレさんです。
飼い主募集中!本所【管理番号】4331⇒



e0349048_12380058.jpg

イケメンですね~~~!!
整った顔立ちと、性格抜群の若い男の子です。



e0349048_11211943.jpg

のんびりおっとり穏やかな子です。
一分一秒、共にゆっくり過ごしてくださる本当のご家族が君を見つけてくれますように。



e0349048_10422070.jpg

まさしくん(センターの職員さん命名です)。
兄妹で収容されていますが、どちらもいい子です。

兄弟のくまくんです。

e0349048_11315853.jpg

(前回のお散歩ボランティアレポートより)
この兄弟2人を連れてお散歩できたら楽しいだろうなぁ。



e0349048_17444749.jpg

この儚げな感じがたまりませんね。
まだ仔犬ちゃんです。




e0349048_11073749.jpg

仔犬3頭の子育て中のママさんです。
もうかれこれ一週間は我慢していたのでは?!というくらい
身体の3分の1程もあろうかというくらいのうんちと、大量のおしっこが出ました。
仔犬と一緒のケージの中は綺麗に使っていたので、汚したくない綺麗好きママさんなのかも。
みんな無事にすくすく大きく育ちますように。



e0349048_11172465.jpg

センターの職員さんから、もし、お散歩に行けたら・・・という指示の子です。
最初はどうかなー?と思っていたら、連れ出してからしばらくすると
なんだか楽しそうな様子も見て取れて、次回はきっと喜んで歩いてくれると思います。
そんな変化がとても嬉しいのです。

少しずつ、階段を一段一段昇るように、時には三段降りてしまっても、
また一段ずつ昇ってくれる彼らの頑張りを見守ることができて、本当に嬉しいです。



e0349048_10464311.jpg

この子も、行けたら・・・の子です。
ちょっとでも動くとビクついて飛び退けてしまいますが、おやつには目がないようで
素知らぬ振りして座っていると、こっそりおやつの入ったバッグに顔を突っ込んで覗き見(笑)
美味しいものを食べて、いっぱい栄養をつけて、心も身体も元気になろうね!



e0349048_11102585.jpg

次回はお散歩できるかな?
大丈夫だよ、怖くないよ。
次はお外に出て風にあたってみようね。



e0349048_11242793.jpg

瓜二つ、そっくりな子をこの半年で一体何頭見てきたことか。
少なくてもこの子で4頭目です。
産ませ続けている人間をなんとかしなければいけません。


譲渡対象の子、お散歩に出た子、いつも全頭紹介しきれずで申し訳ありません。
どうして?この子のどこに?何が問題?と不思議に思うくらい、どの子もみんないい子です。
私達お散歩隊のお散歩で繋がっているリードではなく、
本当のご家族とのご縁が繋がっていますように。





猫の展示室を一から作り上げた、プロもビックリ!!な職人職員さんが
今度はこのような、しっかりとした丈夫な棚を作り上げてくださっていました。

e0349048_11134548.jpg

ドッグランの子達の寝床になる譲渡室です。
お散歩隊の予防衣で隠れて見えなくなっていますが、
上の段にも小さめのバリケンが置けるようになっていますし、
その後ろのスペースにはフードやタオルなども収納できます。

訪問するたびにどんどん改革されていて、素晴らしいっ!!





ドッグフード15kg、キャットフード2kg×3袋をセンターにお届けしました。

e0349048_12410676.jpg


ご支援くださった皆様の愛と優しさと一緒に、みんなの栄養になりますように。
ありがとうございました。



e0349048_17462836.jpg

横浜山手地区お散歩連合さんから、フードとバスタオルのご寄付を頂きました。
沢山ありがとうございます!





次回のお散歩ボランティアは 5月13日(金) に実施予定です。
よろしくお願い致します。




[PR]
by osanpo-center | 2016-04-28 18:55 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)


熊本地震により避難を余儀なくされている多くの皆様や
動物さん達が一日も早く安心して過ごせるようになることを祈っています。

迷子になってしまった動物さん達が無事に飼い主さんの元へ帰れますように。
熊本での迷い犬・猫情報と保護情報はこちらから
↓ ↓ ↓
http://spotlight-media.jp/article/269994636537735352



☆:~:☆:~:☆:~:☆:~:☆:~:☆:~:☆:~:☆:~:☆



時折強く吹く風が心地よく感じるほど、
ぽかぽか陽気の中でお散歩ボランティアを実施することができました。

直接陽が差し込まない収容棟の中や日陰はひんやりしていますが、
15℃くらいが犬達も気持ちよくお散歩できるちょうどよい気温ではないでしょうか。

これからは20℃を超え、25℃を超える日も多くなります。
人間が靴をはいて歩くアスファルトも予想以上に熱くなりますし、
熱中症になるのは真夏だけではありません。
お出かけやお散歩の際は是非気をつけてあげてください。




仔犬犬舎へ向うと、とても人懐こい子達が熱烈歓迎してくれました。
e0349048_11441446.jpg
一見ビーグルに見えますが、かなり小さなサイズの子達で
何かの小型犬がはいってそうです。




e0349048_11430387.jpg


e0349048_11445721.jpg


e0349048_11465339.jpg


e0349048_11422216.jpg
左側の子は脱肛の手術をしてもらったのですが、まだかなり調子が悪そうで
この時もお掃除で外に出てもらいましたが、常に緩い便が出続けていました。
センターを出てしっかり治療を受け、温かな家庭でケアしてもらえますように。





e0349048_11413385.jpg


e0349048_11403086.jpg


e0349048_11343864.jpg


e0349048_11332363.jpg


e0349048_11315853.jpg


e0349048_11260030.jpg




e0349048_11243574.jpg
旧シャンプー室は女の子ばかりです。


e0349048_11235610.jpg


e0349048_11231127.jpg
白い子は手からもおやつを食べることができますが、他の子は壁の花になったり
気配を消してじっとしている怖がりさんがほとんどです。

この他に一頭、お散歩に行ける子が出た後は、無理に触ったりしようとせず
ただこの空間で他愛もない会話をしたり笑ったりすることで、
人がそばにいても無理矢理に何かしようとしないし、痛い思いもしなくて大丈夫なんだ・・・
そんな風に少しずつ覚えていってくれたらいいのです。
何億何兆とあるこの子達の細胞のひとつでも、人って怖くないよって記憶してくれたら。


優しい声をかけて撫でて抱きしめたりしなくても、お散歩に連れ出せなくても
時にはあえて存在を無視して、ただその空間に同席しているということも必要です。
そういう段階から一段ずつステップアップしていけばいいんです。

だけど、それは毎日接しながら行うことが効果的。
センターという場所でたかだか20~30分、それも2週間に一度では
一歩進んで二歩下がる・・・なのかも知れません。





e0349048_11251745.jpg
この超絶かわいこちゃんは、リードをかけることも怖がってケージの奥で固まっていましたが
お散歩から帰ってくると、まるで別犬かのような表情で、
ケージの手前まで出てこれるようになりました。
この子にとってお散歩は、何かの扉を開けてくぐり抜けた瞬間だったのでしょう。





e0349048_11392241.jpg
またもや出産したママと仔犬達が。
仔犬は6頭います。
懸命にお乳をあげて子育てしていました。
仔犬は無条件で可愛いです。

だけど、、、産まれて困るなら、避妊・去勢手術をしてください。
たった一度の手術で済むのです。

産まれてきてくれたからには、ママが頑張って産んでくれたのならば
仔犬達も無事に元気で大きく育ちますように。







一口フード支援から、30kgのフードをお届けしました。
e0349048_23463213.jpg
このようにフードをお届けできるのも、ご支援、ご協力くださった皆様のおかげです。
ありがとうございます。

毎月定期的にお振込くださる方も増えてきました。
それは、センターの子達へ少しでも栄養のあるフードを届ける・・・ということを
いつも忘れずにいてくださっているということ。
本当に有難いです。

久々にお散歩ボランティアへご参加くださった方も、
「 あれだけ水下痢の子が多かったのに、形のあるウンチを拾えるなんて! 」
そんな風に喜んでくださいました。

これからもお散歩同様続けていきたいです。
ランチ一回分程度で構いません。
ご支援、ご協力お願い致します。
一口フード支援のフォームはこちらから ⇒
(自動返信にて振込先をご案内しております)




次回のお散歩ボランティアは 4月27日(水) に実施します。
通常の金曜日実施とは異なりますので、お間違いのないようお願いします。




[PR]
by osanpo-center | 2016-04-18 15:50 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)



都内辺りでは満開の桜も多いですが、センターのある地域ではまだ五分咲きに満たない程度で、
やはり気温が低いのだなぁと思います。
冬場などは都内と5℃以上の差があったりすることも多いです。
北国、雪国の寒さほど過酷ではなくても、陽が当たらない収容棟は本当に寒く底冷えします。
e0349048_23222369.jpg

センターにもぽかぽかな春がやってくれば、収容されている子達も少しは過ごしやすくなります。
どの子にもみんなに春の日差しのように温かで優しいご家族とのご縁が繋がって
本当の意味での春が訪れますように。




仔犬犬舎の子達。

e0349048_21554198.jpg


e0349048_21551937.jpg


e0349048_21545581.jpg


e0349048_21524768.jpg


e0349048_21543266.jpg


e0349048_21541037.jpg


e0349048_21534344.jpg

お散歩に出られる子はわずかで、残る子達とはふれあいの時間を持ちます。

この先、この子達の瞳にうつるものは
愛情いっぱいに見つめる温かい人間のまなざしでありますように。





e0349048_23232443.jpg
本人はずいぶんと元気な様子を見せるようになったものの、なかなか状態が改善しません。
センターでもセンター内ででき得る限りの処置や治療をしてくださっていますが、それにも限りがあり
病院のような設備はありませんので、センターを出てゆっくり養生してもらいたいです。





e0349048_23202046.jpg
なんともいえない魅力のある毛色を持つ子が、ランに移されてきました。
まだ少し怖がりさんで、リードをかける際にパニックに近い状態となり、
尻尾も見事なほど綺麗に格納されていましたが
お散歩も広場の2周目を迎える頃には、こちらの様子を伺う余裕も出てきて、
しっかり格納されていた可愛い尻尾も最後にはこんにちは♪してくれました。



e0349048_23242215.jpg



e0349048_23290937.jpg




e0349048_23302203.jpg


e0349048_23281489.jpg


e0349048_21515812.jpg



e0349048_21494330.jpg




e0349048_23321682.jpg





e0349048_23311352.jpg





e0349048_23343121.jpg



e0349048_23334015.jpg




e0349048_23430963.jpg




この日、いつもより退所が遅くなってしまったのですが、夕方収容された乳飲み子達。
e0349048_23444836.jpg
毎回毎回同じ事を繰り返し書きますが、望まない命ならば、不要とする命ならば
産ませない、増やさない。
避妊・去勢手術をしてください。


こういう小さな小さな命が次から次へと毎日収容されます。
ましてこれからは子猫シーズン。
産まれてきた命にはなんの罪もないのに、無情にもすべて救えないのが現実です。

幸運にもこの子達はベテランボランティアさんの素早い受け入れ体勢があった為
誰もいなくなる寒く冷たいセンターで夜を迎えることなく移動できました。
ぽちさんしろくまさん、引き受けてくださってありがとうございました!!


すくすく元気に育て~~っ!!






一口フード支援から購入させて頂いた、3月28日注文⇒4月1日お届け分のドッグフード30Kgです。

e0349048_23463213.jpg

皆様の温かいご支援のおかげで今回もフードをお届けすることができました。
本当にありがとうございます。




e0349048_23471796.jpg

猫砂3袋は、川崎市のSさまより頂戴致しました。
キャットフード大袋は、某警察署から移送され、低体温になり危うい状況だった乳飲み子達を
一晩寝ずに温めて哺乳してくださった Tさまからご支援頂きました。
Sさま、Tさま、ありがとうございました!!

残り3袋と子猫用フードは、一口フード支援から購入させて頂きました。







次回のお散歩ボランティアは、4月15日(金)実施予定です。
参加をご希望の方は、参加申し込み受付開始後に専用フォームからお申し込みください。
よろしくお願いします。


今回、お散歩に参加くださったUさん撮影の写真が素敵だったので複数枚使わせて頂きました。




[PR]
by osanpo-center | 2016-04-03 09:20 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)



18日(金)に実施したお散歩ボランティアレポート、今回は大幅に遅れてしまいました。
センターの子達みんなの笑顔を楽しみに待っていてくださった方、すみません。

来月は1日(金)、15日(金)、28日(木)の3回実施予定です。
28日については木曜日ですが、通常の実施曜日である金曜日の29日が祭日に当たるため
前倒しして木曜日に行います。
今のところ、月に3回実施となるのは9月にもあります。
また、金曜日が祭日の為前倒しして木曜日に実施するのは12月にもありますが
センターの行事やお散歩隊の都合などにより変更される可能性がありますので
参加をご検討される場合はその都度、ブログやツイッターなどでご確認頂けますようにお願いします。




子犬犬舎の子達から。

e0349048_14495948.jpg



e0349048_14502380.jpg



e0349048_14505137.jpg



e0349048_14512691.jpg



e0349048_14515006.jpg


子犬犬舎とは言え、必ずしもよちよち歩きの子犬ばかりではなく
少し大きめの子や成犬が入ることもあります。

また、収容後に出産した母子が入ることもあったり、この日は少し大きめの子が多かったですが
お散歩へ出て外を楽しんでもらうよりも何よりも、まずは人は怖くないということを知ってもらう為
おやつをあげたり、撫でてみたり、ふれあいの時間を多く持ちます。

本当ならば毎日通って、毎日ふれあって、毎日お散歩へ連れ出して
色んな楽しいことを積み重ねられるようにしてあげたいです。
いえ、センターという場所でそういう毎日を重ねるのではなく、
本当のご家族と共にいろんなことを楽しいと感じる生活を送ってほしいと思います。




この日もセンターのモデル犬達のお散歩をさせて頂きました。

e0349048_12092160.jpg


愛護教室などでお仕事をすることが多い子達なので、
お仕事ではなく、普通の犬としてのお散歩を楽しんでもらえたかな。


e0349048_12112930.jpg
モデル犬のティーチくんです。

モデル犬達は、県内の学校等の児童・生徒及び県民の方を対象とした愛護教室に参加しています。
愛護教室について詳しくはこちら ⇒ 動物愛護教室

大人はもちろんですが、未来を担う子供達に、この日本の犬や猫を取り巻く状況を知ってもらい
私達大人が作り出し続けている現状を変えていける次世代のホープが誕生してほしいです。


お子さんの通う学校の年間行事の中でPTAが主催のものもあると思いますので、
その際は是非、ご父兄の皆様には愛護教室もご検討頂けたらと。

数年前、れおらの娘の中学校にて地域の皆様もご招待という形で開催して頂きましたが
生徒だけでなく、校長先生はじめ多くの先生達も地域の方々も、
センターで処分が行われている事実を知らない方がほとんどでした。
そういうことを未成年の中学生に教えるなんて!トラウマになったらどうしてくれるんだ?!
という過保護なご父兄からのクレームもありましたが・・・。

過保護な大人のクレームや心配に反して、生徒達からはとても大きな反響がありました。
事実を知った生徒達それぞれが何を感じるか・・・感じた後、どう行動できるのか・・・
それを見守るのも大人の役目だと思います。


預かりをするだけがボランティアではありません。
里親さまとご縁を繋ぐだけがボランティアではありません。
色んなボランティアの形があっていいと思います。
直接犬や猫に関わらなくても、こういった愛護教室を開催するよう働きかけることも
立派なボランティアです。


犬や猫も人と同じ命をもっているということを
まだ穢れていないお子さんの柔らかい心と脳に、種を蒔くことも大切ではないでしょうか。
センターも愛護教室に力を入れています。
是非ご検討ください。



e0349048_12165280.jpg
楽しいね♪
あばらがどこか見えなくなるくらい、幸せ太りしてほしいなぁ。



e0349048_12174857.jpg
お馴染みの カプくんも楽しそうだ。
他犬とは相性があるとのことですが、大丈夫な子とそうじゃない子といるようです。




e0349048_12155609.jpg
ビーグルちゃん。
とてもいい子でした。



e0349048_12144465.jpg
相性が悪くない同士は、こうやって情報交換してもらうこともあります。

社会性やら?なんやら?なんて、「ごあいさつ」というものが上手にできなくてもさせなくても
お散歩ボランティアでは、その子それぞれが大地を踏みしめてお日様と風を感じて
犬本来の五感をフルに働かせることができるよう心がけています。
それによって収容時のストレスを発散してもらうのが第一の目的です。




e0349048_12194897.jpg
職員さんに 「 ジャパン 」と呼ばれているプードル。
見ての通り、サムライブルーのユニフォームを着たまま収容され
このユニフォームを着せたであろう飼い主はお迎えには来ませんでした。

収容期限が切れ、センターでの選定の後でお散歩デビューしましたが
お散歩が終わった後で、このユニフォームは脱がせました。




e0349048_12213778.jpg
すぐにでも一般家庭でなんの問題もなく暮らせる子です。
サイズも小さめなので、規約の多いマンションでも大丈夫ではないでしょうか。




e0349048_12204518.jpg
このダックスは、通称グルグルダックスと呼べれていて
カプくん同様センターでは一番の古株になっています。
一昨年の8月からずーーーーっと、1年7ヶ月センター暮らしを続けているのです。

何故グルグルダックス?!と思われるかも知れませんが、
ケージへ入れようとすると、自分の尻尾を攻撃するようにグルグルと回ってしまう為です。
ですがそれも最初の頃に比べればずいぶんと軽減して、ほとんど見られなくなりました。
カプくんもグルグルちゃんも、それぞれ引き受けてくださるご家族、
または預かりさんが現れないものでしょうか・・・。

お手伝い致しますので、迎えてもいいよ!!という方がいらっしゃればご連絡ください。
osanpo_center@yahoo.co.jp



e0349048_12184850.jpg
職員さんが授乳していた子猫ちゃん。
この後授乳ボランティアさんにバトンタッチされました。

以前は授乳が必要な子猫(子犬)は、ほぼ100%処分されていました。
授乳に割ける時間も人員もいなかった為です。
避妊・去勢手術をしないせいで生まれる子が次から次へと
毎日毎日これでもかとどんどん収容されるのですから無理はありません。

それでも少しでも、一頭でもと、お忙しい合間を縫って授乳をしてくださっています。
授乳ボランティアさんが増えれば、職員さんのご負担も減らすことができますし
こういった小さな命も今以上にもっと繋いであげることができます。

もっとも、理不尽に処分されてしまう不幸な命を生み出さないよう、
避妊・去勢手術を徹底することが何よりも一番。


授乳ボランティアという活動もあることを知ってください。
離乳できる頃まで育ててくださった後は、センターに戻してもらって構いません。
処分されることはありませんし、センターで手術を施術後に一般譲渡できる頃までお世話されます。
もちろん、そのままご自身で里親さまへご縁を繋いで頂いてもらってもOKです。
授乳なら任せて!!!という方もご連絡ください。
osanpo_center@yahoo.co.jp



一口フード支援から、18日に15kgのフードをお届けすることができました。
3月分として、改めてご報告させて頂きます。

ご支援くださった皆様、本当にありがとうございました!
毎月続けてくださる方もいらっしゃって、有難い限りです。
一時的なものではなく、今後も継続していきたいと思っておりますので
ご支援、ご協力、よろしくお願い致します。




次回のお散歩ボランティアは4月1日(金)実施予定です。
参加申し込み受付は明日24日(木)から開始します。






[PR]
by osanpo-center | 2016-03-23 14:59 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)


桃の節句も終わった4日、とても良い陽気の中でお散歩ボランティアが実施できました。


e0349048_20262255.jpg
今回からセンターのモデル犬達のお散歩をさせて頂くことになりました。
モデル犬達は、県内の学校等の児童・生徒及び県民の方を対象とした愛護教室に参加しています。
愛護教室について詳しくはこちら ⇒ 動物愛護教室

さすがモデル犬達、ハンドラーさんじゃなくてもおりこうで歩けました。




e0349048_20274248.jpg
こちらはお馴染み、お散歩ツイッターのアイコンくん。
センター仮名 「カプくん」 です。
君はいつでもいい笑顔だね~~~っ




e0349048_20295106.jpg
龍子です。
こんな厳つい顔をしていますが、お散歩隊がこよなく愛するラブリー女子です。
パワフルハイパー女子でも攻撃性は皆無です。





e0349048_20265756.jpg
この子はアイコンタクトばっちり。
おやつ欲しさではなく、本当に人が好きで好きで♪という子です。




子犬犬舎の子達。
e0349048_21251733.jpg





e0349048_21233804.jpg




e0349048_21230495.jpg




e0349048_21253466.jpg




e0349048_21255142.jpg




e0349048_21232211.jpg




e0349048_21235667.jpg






子犬犬舎やドッグランにいる子達のお散歩やふれあいが終わってから、
次は収容棟に収容されている譲渡対象の子達のお散歩です。
e0349048_20323192.jpg
彼らが満足のいくほどじっくり時間をかけたお散歩はできませんが、
それでも全員が順番にお散歩を終えて戻ると、
こんな風に落ち着いた様子で笑顔を見せてくれます。




e0349048_20282323.jpg
モデル犬かと見紛うくらいのいい子が、どうしてセンターにいるのでしょう?
どうしてこんないい子をお迎えに来ないのでしょう?
もったいない。
こんなに素晴らしいお宝を捨てちゃうんだもの。




e0349048_20304557.jpg
比較的元気っ子が多いテリア雑ですが、引きは強くありません。
お天気が良かったせいもあって、
何時間でも一緒にピクニック気分でゆっくりしていたいと思わせる子です。




e0349048_20291942.jpg
どちらもものすごく穏やかで、気が合いそうな二人です。
去勢手術を終えた子(右)は、このようなカラーをして傷口を舐めないようにしてもらいます。




e0349048_21220671.jpg
気持ちいいね♪






e0349048_21222551.jpg
毎日連れ出してあげられないのが申し訳ないです。






e0349048_20351008.jpg
尻尾が格納されちゃっていますが、この子もなんの問題もなくいい子です。
ポインターの 「ポイ子ちゃん」

e0349048_21213971.jpg
ガンドッグ飼育経験者でなくても無理なく過ごせると思います。





e0349048_20360210.jpg
オバチャン達が超絶期待をしている Kちゃん。
まだ若い彼女の犬に対する行動のひとつひとつすべてが、
本当に犬を愛しているんだなぁと感心させられます。

センターから癒しオーラいっぱいの子を家族として迎えてくれることに。

e0349048_22003899.jpg
センター仮名 「ムッシュくん」は、Kちゃんのお家で 「武蔵丸くん」として大事にしてもらえます。
良かったね!武蔵丸っ!!




e0349048_20365424.jpg
まだ若い柴子ちゃん。
次回のお散歩に来所した際には、どんな仮名をつけてもらっているかな。
ベタベタの甘えん坊さんです。


全員紹介しきれませんが、みんないい子。



お散歩に出る時に、汚れた新聞を取り替えて綺麗に整えます。
e0349048_20340595.jpg
センターのある富里は、都心に比べて朝晩はまだまだかなり冷え込みますので
少しでも暖が取れるようにと、多めに敷かせてもらっています。
身体にかけてあげたら、この笑顔でこのまましばらくじっとしていました。
沢山の皆様のご協力で、古新聞も気兼ねなく使用することができています。

現在は十分に集まっておりますが、毎日使うものです。
そのうちにまたご協力のお願いをすることになると思います。
その際はよろしくお願い致します。





収容犬・猫の為のフード一口支援にご賛同頂いた有難い支援金で
おかげさまで3回めのフード支援を行うことができました。
ありがとうございました!
e0349048_20332104.jpg
ご支援頂いた方や金額のご報告は改めてまとめさせて頂きます。

お散歩に参加するメンバーが口を揃えて言うのは、酷い水下痢をする子が減った!と。
水下痢は寒さのせいもあったかもしれませんが、
皆様のご支援による良質なフードを食べるようになったことも大きな要因かと思います。
栄養になる食べ物を摂取することの大切さを考えさせられます。

フード支援は今後も続けていきたいです。
その為にも一人でも多くの方のご理解とご支援、ご協力がなくては成り立ちません。
どうぞよろしくお願い致します。

一口フード支援フォーム ⇒ https://ws.formzu.net/fgen/S8954066/


また、収容されている猫達に使用している猫砂も、残り僅かとなっています。
感染症予防の観点からも、気持ちよくトイレができる環境を作る為にも
現時点でベストという猫砂のご支援を頂けると有難いです。
お願いばかりで恐縮ですが、予算の関係上すべてをセンターで賄うのは難しいのが現状です。
一頭でも多くの子達が第二の犬生、猫生を歩む為に、
そのスタートを待つセンターで少しでも快適に過ごせるよう、皆様のご協力が必要です。

下記の猫砂1袋でも結構です。
↓ ↓ ↓
固まる木の猫砂 15L ⇒ https://joyfulhonda.jp/item/143545/

《 送付先 》
〒286-0211
千葉県富里市御料709-1
千葉県動物愛護センター(本所) 愛護管理課
0476-93-5711

どうぞよろしくお願い致します。




次回のお散歩ボランティアは 3月18日(金)に実施予定です。
参加をご希望の方は、参加申し込み受付開始後に専用のフォームからお申し込みください。



016.gif 参加者のレポート 016.gif
みんなかぞく。






[PR]
by osanpo-center | 2016-03-04 22:59 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)



レポートの前に。



千葉県動物愛護センター(本所)で実施している お散歩ボランティアは
県内外いずれの保護団体とも関係がありません。
個人の有志が集まって結成し実施しているものです。


このお散歩を実施しているお散歩隊にて、フード支援の呼びかけ及び
収容されている犬・猫のフードを購入する為の一口支援もお願いしておりますが
これについても、いずれの団体・個人の収益になるものではありません。

ご不審に思うことがあれば、一口フード支援ではなく、
各々で良質と判断するフードを直接センターへご送付ください。
〒286-0211
千葉県富里市御料709-1
千葉県動物愛護センター(本所) 愛護管理課
0476-93-5711


尚、一口フード支援の振込口座は、個人口座ではなく
お散歩隊の れおら が支援の為に ゆうちょ銀行 から審査を受けて作った当座口座であり
名義は レイオブライト となっております。
お振込の際はお振込頂く方の個人情報は必要としておりませんし
あくまでも支援の為の口座につき、ご報告の折には通帳のコピーを公開し
クリアにさせて頂く予定です。


大きな保護団体のような活動資金も協力体制もないまま
まったくの個人が一から試行錯誤しながら、ただただセンターに収容されている子達の為に
センターの職員さん達に相談、またはご迷惑をおかけしながらも
色んなことを少しずつ少しずつ積み上げて実施してきたお散歩ボランティアです。
あらぬ疑いをもたれたり、色眼鏡で見られたり、疑心暗鬼になられることも
人間相手ですからゼロではないと思いますが、ご不審に思われる場合は
是非一度、実際にご参加頂いた上で、直接お話させて頂く機会を持つことができれば幸いです。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


一口支援にご協力頂いた皆様のおかげで、二回目のフード支援ができました。

e0349048_11114160.jpg

15kgを2つ、合計30kgのフード代金を皆様からお振込頂いた口座から支払い、
お散歩ボランティア当日に合わせてセンターに直接送付されたものを撮影しました。
(振込手数料に関しては、れおら個人のポイントを充当して消化させて頂きました)

e0349048_12214616.jpg




前回送付した分につきましては、お散歩ボランティア実施日ではない日に送付した為
申し訳ないかな、お届けの証明になるセンターでの画像がありません。
サイトから送信されたメールの内容でお許し頂ければと思います。

e0349048_11552330.jpg


ご支援くださった方々のお名前(イニシャルにて)、ご入金頂いた明細と月末にご報告予定です。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~





ぽかぽか陽気で、まさに春を思わせるような日。
お日様の温かさは収容された子達の心も身体もぽかぽかと温めてくれているようで
こんな日は、センターの子達にも
頑張ってお外で暮らす子にも優しいなぁと、少しばかりホッとします。




子犬犬舎の子達です。

この子はおやつを食べに近づいてきました。

e0349048_2155748.jpg

収容期間が長くなっていますが、最初の頃を思えばかなり進歩したと思います。







e0349048_21552178.jpg

この子は手からはおやつを食べませんでした。
相変わらず窓の外と部屋を行ったり来たり。






始めは2頭くっついて震えていましたが、ドアを開けると自ら出てきました。
オヤツも手から食べました。オヤツ催促の「お手」もしてくれました。
健気な子たちです。
何処を触っても大丈夫,歯も見せてくれました。
太り方に差があります。

e0349048_2156691.jpg





夏の参加に続いて、高校生のKちゃんが参加してくれて
こんな風に優しく優しく接してくれています。

e0349048_21565662.jpg

この春で高校を卒業する Kちゃん。
どんなに素敵なレディーになっていくのだろう・・・と、
オバチャン達はとても楽しみです。








e0349048_2157512.jpg

この子も収容期間が長くなってきました。







e0349048_21593658.jpg

3頭とも怖がりさん。
見ているところではおやつも食べません。
無理に触るのは控えました。






多頭飼育崩壊から収容の1頭で、目が不調のようです。
皮膚の状態も劇的な変化はありません。
一日も早く一般家庭に入り、治療に専念しながらのんびりと過ごして欲しいものです。

e0349048_21585946.jpg

とても人懐こく、楽しそうにお散歩に行くことができました。





同室にいる同じ現場から収容された子です。
喜んで出てきたものの、リードを掛けたら部屋の中に戻ってしまいました。
頑張って出てもらって子犬舎の周りだけウロウロしました。

e0349048_215914100.jpg






小さい子の方は動けないくらい怖がっていました。
キョウダイらしいとのことです。

e0349048_2203050.jpg
白い子が守っているような様子が見られました。




e0349048_11123437.jpg

パワフル龍子もお散歩が待ちきれない様子。




e0349048_11132074.jpg

うん、今日もいい笑顔だ。






e0349048_11202691.jpg

君には本当に癒されるよ。




e0349048_11211107.jpg

ほんの短い時間ですが、犬と人との間に素敵な時間が流れています。






e0349048_11192658.jpg

思い切り遊びたいね。







e0349048_11182789.jpg

皆様、いつもありがとう!!





e0349048_11173247.jpg

お散歩の楽しさがわかってきてくれた変化を
ビビリで歩くことすらできなかった頃からずっと見守ってきました。






e0349048_11214672.jpg

お日様、いっぱい浴びてね。





e0349048_11222446.jpg

君の笑顔が見られるようになること、願ってるよ。




千葉県動物愛護センター(本所)にて、飼い主さんを募集している子の一覧です。
是非、『買う』のではなく、センターや、各預かりさんの元でご縁を待つ保護っ子達の中から
かけがえのないパートナーとなる家族の一員をお迎えください。
千葉県動物愛護センター(本所) 飼い主募集中の犬 ⇒
      〃        飼い主募集中の猫 ⇒




【 お礼 】
豊島区 Kさまより、お散歩ボランティアで使ってくださいと
ご寄付を頂戴致しました。
有難くお預かりさせて頂き、必要な時に大切に使わせて頂きます。
ありがとうございました。



個人ボランティアの S1号さんより、センターの子達へと
フードのご支援を頂きましたので、センターへお届け致しました。

e0349048_11230963.jpg
ありがとうございました。




次回のお散歩ボランティアは 3月4日(金) に実施予定です。
お一人でも多くの皆様のご参加をお待ちしております。



006.gif お散歩ボランティア参加者のレポートブログ 006.gif
るると一緒に
ぬち どぅ たから
みんなかぞく。






[PR]
by osanpo-center | 2016-02-20 14:30 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)


センターへのフード支援、一口1000円支援については
お散歩隊がお願いしているものですので、
センターへの直接のお問い合わせはご遠慮ください。
業務の支障となります。
電話口で対応することで、本来の業務である収容犬・猫へのケアが遅れてしまいます。
ご配慮ください。
ご質問等は お散歩隊までお願いします。
osanpo_center@yahoo.co.jp



数日前の天気予報ではお散歩実施日に雪の予報が出ていて
これは実施日を変更しないといけないか?!と思っていましたが、
なんとまぁ温かくて過ごしやすい一日になり、お散歩中には少し汗ばむ程でした。
こういうお天気だと犬達にもゆっくりと楽しんでもらうことができてホッとします。


子犬犬舎の子達。

e0349048_19530813.jpg






e0349048_19524724.jpg






e0349048_19522952.jpg







e0349048_19521140.jpg





e0349048_19533006.jpg

お馴染みの子から新顔さんまで。
ビビりっ子が多いですが、一般家庭に入ればすぐに笑顔いっぱいになること間違いなしの子も。
子犬の大事な時期ですから余計に、一日も早くセンターを出て人と暮らす毎日を過ごして欲しいです。




e0349048_21322384.jpg

子犬犬舎の子も全員は撮れていませんが、、、
この子は多頭飼育崩壊現場の子です。(子犬ではありません)

センターに収容されるされない以前の問題で、どうしてここまで放ったらかしにできるのか・・・
理解に苦しみますが、もっと酷い状態の子は団体さんに引き出されて治療を開始しています。
そういう子達に比べればこの子はこれでもまだ全然いい方ではあるものの、
治療が必要な状態であることには変わりありません。
こんな状態でも本人はとても穏やかでいい子です。
人間だったら(私だったら)自分の状態を愚痴ってやさぐれてしまうところです。
どうか一日も早く手厚くケアしてもらえますように。





e0349048_19512123.jpg

笑顔がなんともキュートな可愛い子です。
この子と毎日色んなことを一緒に楽しめる飼い主さんは幸せ間違いなし。




e0349048_21213054.jpg
またまたハイパーさんが仲間入り。
ハイパーではありますが素直なので、きちんと指導できるご家族の下でなら
素晴らしいパートナーになると思います。





e0349048_22404889.jpg
こちらはお散歩隊が 『黒龍』と呼んでいる気合の入ったハイパー女子。
(もう一度復唱します。黒龍という雄雄しいあだ名ですが、女子です)
何をどうしてもハイパー過ぎてコマンドが伝わりませんでしたが、こちらも気合を入れてお散歩したら・・・
なんと、こんな風にアイコンタクトを取って脚側歩行ができるように。
ビックリ。
いや、ビックリしている場合ではないですし、どんな人でもお散歩に連れ出すことができるよう
この状態をもっと良くしていかないといけませんが
ちょっとしたことで変化してくれると、改めて犬の可能性という素晴らしいものを見たようで
とても嬉しかったです。








e0349048_21272268.jpg

こちらはまたハイパーとは真逆の、お~~~~~~っとりさん。
この子の周りだけ、時間が緩やか~~~にのんび~り流れている感じで
こちらのささくれだった心も解けて、思わず笑みがこぼれてしまうような子です。




e0349048_21181398.jpg

これはお散歩隊通称『龍子』
(黒龍だの龍子だの、お散歩隊ってその筋の方?!という勘違いは勘違いです)

ハイパーを絵に描いたようなハイパー女子ですが、、、
実はとても人が大好きで、そんな龍子からほんの少しほんのり女子らしい一面を見る事ができます。
お散歩後に、こんな可愛い笑顔で私達を覗き見してくれたので、
可愛い龍子をパシャリ。


黒龍にしても龍子にしても、そして収容されている他のみんなも
どの子も限りなく素晴らしい可能性を秘めています。
それぞれの様々な可能性をどんどん引き出して、
それぞれの様々な素晴らしさをもっともっと輝かせてくださる本当のご家族と
みんなみんな、楽しく健やかに過ごすことができるといいなぁと思います。





e0349048_21584004.jpg

経験のなさから落ち着きのない子には、お散歩しながら『スワレ』を教えてみたりします。
せっかく覚えてもらっても、毎日継続して覚えてもらわないと
2週間後にはまた戻ってしまうことが多いですが
それでも続けることで365歩のマーチです。
3歩進んで2歩下がる~~~っ
・・・2歩下がっても1歩は進んでることになりますね。




e0349048_21505015.jpg

嬉しい旅立ちにも立ち会えました。
一般譲渡されました。
この子を!と望んで迎えてくださったことに感謝します。
とてもいい子です。
どうかよろしくお願いします。





e0349048_21114239.jpg

生後5ヶ月のシェパードさんはお散歩した収容犬ではありません。
センターのご近所さんで、この日は広場で訓練をしていました。
せっかくなのでゲスト出演をお願いして撮らせて頂きました。
ラムちゃんです。
(残念ながら雷さん仕様のビキニは着用しておりません)




【 お礼 】
横浜山手地区お散歩連合さんよりバスタオル、フードをご支援頂きました。
浦安市 さくら動物病院さんから古新聞のご協力を頂きました。
※現在、古新聞は十分に集まりましたので一旦中止とさせて頂いておりますが
前回積みきれずに持参できなかった分を今回に持ち越しさせて頂いたものです※

e0349048_21352375.jpg


ドライフードのご支援をお願いしたところ、沢山の皆様からセンターへ送って頂きました。
本当にありがとうございました。

少しでも良質なフードで栄養を。
という趣旨にご賛同くださって、お気持ちを寄せて頂いて感謝しています。

センターでは収容数にもよりますが、犬だけで一日に10~15kgのフードを消費します。
この先も収容された子が、お腹も心も栄養も満たすことができるよう
引き続きご支援いただきます様お願い致します。


お散歩隊で一口1000円からのご支援をして頂けるようにしました。
フォームからお申し込み頂くと、自動返信メールにてお振込先のご案内をするように設定しています。
お気軽に、負担なく、そして長く続けて頂けるよう
多くの皆様のご協力をよろしくお願いします。

千葉県動物愛護センター(本所) 収容犬・猫へのフード支援
フォームはこちらから ⇒ https://ws.formzu.net/fgen/S8954066/





次回のお散歩ボランティアは2月19日(金)を予定しています。





[PR]
by osanpo-center | 2016-02-05 23:53 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)




お天気は良かったものの、寒波の影響か冷たい風が強く吹くお散歩DAYになりました。
ご参加くださった皆様、寒い中ありがとうございました。


今後、お散歩ボランティアにご参加頂く皆様へのお願いがございます。
ご参加頂く際には、事前に専用の申し込みフォームからお申し込み頂くようにしておりますが
時折お申し込みがないまま直接センターに来所される方がいらっしゃいます。

そういった場合でも、特別な事情がない限りお断りすることはありませんが、
できましたら事前にお申し込みの上来所してくださいますようお願いします。







子犬犬舎には、収容棟から移動させてもらった子の他に、出産したばかりのママと子犬達などもいます。


e0349048_2102025.jpg




ちょっとビビりさんですが、まだ幼いですし、一日でも早く家庭に入って普通の生活を送りさえすれば
すぐにでも子犬らしく元気に過ごすことができるようになると思います。



e0349048_210306.jpg



そのためにも、保護犬を大きな愛で育ててくださるボランティアさんがもっともっと沢山いらっしゃれば
そして、保護犬を大きな愛で受け入れてくださる本当のご家族がもっともっと増えれば
大事な子犬の時期に長い期間をセンターで過ごさなくてもよくなります。


もっと言えば、避妊去勢手術を徹底する意識が広がれば、
捨てられ、遺棄され、収容されてしまう犬や猫が減るはずですが
いつまで経っても避妊去勢手術の重要性を考えることができない人間がいるのも事実。






子犬犬舎ではもうお馴染みの 「 窓犬ちゃん 」です。
人馴れが進まず、逃げ込む窓から離れることなく過ごしていましたが、少し進歩が見られ
こうして自ら外(犬舎内の通路)に出てくる姿も見られるようになりました。

e0349048_2131010.jpg

e0349048_2133022.jpg








この子も出産したママ犬ですが、子犬達は登録団体さんが引き受けてくださって
ママより一足先にセンターを出ることができました。

e0349048_2134457.jpg

e0349048_12522428.jpg
ママの身体をゆっくり回復できるようなのんびりとした生活ができるようになるといいね。







こちらも出産したばかりのママと子犬達6頭です。

e0349048_2151092.jpg

産まれてきてくれたからには全頭無事に育ってほしいですが、センターでの子育ては厳しいです。
産ませておいていらないと捨ててしまうくらいなら、何故産ませるのでしょう。

このくらいの中型犬であれば、一度の出産で大体平均5~6頭産みます。
産まれた命と、ママの命への責任を負えないなら最初から犬や猫に関わらないでいただきたい。
口を酸っぱくして何度でも言いますが、関わるなら、飼うなら避妊去勢手術を徹底してください。






e0349048_216835.jpg



e0349048_2162695.jpg


e0349048_2165478.jpg








多頭飼育崩壊からの収容も次から次へと後を絶ちません。
どんどんどんどん増やすだけ増やしておいて、病気や感染症などで酷い状態になっても
適切な処置もせずに挙句手に負えなくなって遺棄。

e0349048_21111896.jpg

無責任極まりない。

多くの人が、犬(猫)は家族として大事にし、同じ時間を大切に共有して過ごしているのに
家族どころか、、、同じ命であることも忘れてしまった人がそれ以上に多く存在するということ。


センターという場所は、そういった人達の為の便利なゴミ捨て場ではありません。
センターで懸命に働く職員さん達も、そのような人達の為に働いているのではありません。


殺処分ゼロを目指したいです。
でも、殺処分ゼロを叫ぶ前に、まだまだもっとやるべきことが山積みです。
社会全体が根底から意識改革しないと、いつまで経ってもどこまでいっても
犬や猫を取り巻く不幸の連鎖は延々と続きます。
どこかで断ち切らなければ。





e0349048_13312911.jpg
可愛いと思わないのでしょうか?大切にしたいと思わないのでしょうか?
収容されたこの子にも、なんの罪もありません。
すべて関わった人間が作り出した結果です。
(登録団体さんが引き出し予定です)







e0349048_13323555.jpg



e0349048_15433831.jpg




もしかしたらお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、収容される子達のほとんどが
あれ?!〇〇ちゃんに似ている!
ん?!〇〇くんにソックリ!
と、血縁関係を推測できます。
捕獲される場所も近場だということも多いので
恐らく、、、千葉県内の各地域に避妊去勢手術をされないまま
子孫を増やしているゴットマザー的な母艦と呼べるママがいるのだと思います。

もちろん、ゴットファザーもいなければ増えませんが、千葉県の地図で母艦マップが作れそうです。



外飼いについて絶対否定はしません。
外飼いだとしても、朝晩のお散歩をきちんとこなし、スキンシップもとり
雨風を凌げて、暑い日には日除けを、寒い日には暖をとれるような
そんな風に手をかけてもらえる外飼いならば、それはそれでいいと思います。


ですが、避妊去勢しないままだと、発情を迎えたメスのニオイに触発され
繋がれた鎖を噛み千切っても本能の赴くまま行動するというオスを排出してしまいますし
オスもメスも本能のまま行動できない時のストレスと言ったら・・・。


その結果、産まれて困る状況を生み出しているのなら
未然に防げるものは防ぎましょう。
避妊去勢手術を済ませることで、年齢を重ねるごとにリスクが高くなる病気の予防にもなります。




今まで言及はしてきませんでしたが、お散歩隊はペットショップなどでの生体販売に反対しています。

ペットショップで売られる犬や猫の裏側を知っていても尚、それでも子犬を
子猫を、純血種を、流行の犬や猫を欲しがる人がいる。

・・・この件についてはまた別の機会に記事にしたいと思っています。





最終部屋の子達です。

e0349048_16481141.jpg
e0349048_16465898.jpg
e0349048_16454558.jpg
これが現実。

できることを精一杯やるしかない。
真剣にこの現実と向き合ってくださる方のご参加を、お散歩隊一同心からお待ちしています。

どうぞよろしくお願い致します。





【 お願い 】
千葉県動物愛護センターに収容されている犬や猫のフードをご支援頂けませんでしょうか。
予算の都合上、栄養価に優れた高級フードを食べさせてあげられませんが
収容頭数が増えれば増えるほど大量に必要になる分、安価なフードをあげざるを得なくなります。

現在、成犬、成猫用のドライフードが足りていない状況です。
ご支援頂ける方は、直接、センターにお届け頂けると有難いです。

〒286-0211
千葉県富里市御料709-1
千葉県動物愛護センター (愛護管理課)
0476-93-5711


継続してご協力をお願いしております、古新聞に関しては
しばらくの間は十分に間に合いそうなほど集まりましたので、募集を一旦中止させて頂きます。
足りなくなる前に再度お願いすることなると思いますが、その際はご協力をお願いします。


尚、ご不明な点などございましたら、直接センターに問い合わせするのはご遠慮ください。
ブログコメントか、下記アドレスまでご連絡くださいますようお願いします。
osanpo_center@yahoo.co.jp








【 お礼 】

横浜市 Tさまより、センターの子が使用する為のケージをご寄付頂きました。
ありがとうございました!
e0349048_19445869.jpeg



横浜山手地区お散歩連合さん
浦安市 さくら動物病院さんより
古新聞、バスタオルのご協力を頂きました。
ありがとうございました!
e0349048_16585887.jpg
いつも沢山の方にご協力頂けて有難いです。
ありがとうございました。





次回、お散歩ボランティアは 2月5日(金)に予定しております。
参加申込み受付は来週27日頃に受付を開始しますので
受付開始後に専用のフォームからお申し込みください。
よろしくお願い致します。










                    058.gif 参加者のレポート 058.gif
                         「るると一緒に」
[PR]
by osanpo-center | 2016-01-23 17:43 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)



あけましておめでとうございます。

昨年は大変多くの皆様のご協力、ご支援のおかげで
センターでのお散歩ボランティアを続けることができました。
今年一年もセンターの犬や猫への応援、ご協力をよろしくお願い致します。

また、今年もより多くの皆様にセンターの犬達のお散歩にご参加いただけます様
お散歩隊メンバー一同、お願いすると同時に
皆様のご参加をお待ちしております。





2016年最初のお散歩は、心地よいお天気のもとで実施することができました。

e0349048_01380936.jpg
ぽかぽかと暖かく、お散歩に出る犬達もお日様の恵みを満喫できたのではないかと思います。





ドッグランにいる子達から始めます。
e0349048_18224106.jpg
この子は過去に右前脚を負傷したまま自然治癒してしまったようで、変形してしまっていますが
お散歩は普通に歩くことができます。
ちょっぴり怖がりさんですが、温かく寄り添ってくださるご家族とのご縁が繋がるといいなぁと思います。





e0349048_18230090.jpg
お散歩ツイッターのアイコンになっている子です。
センターでの生活も一年以上と長期に亘っていますが、本人はこの笑顔。
この笑顔と共に楽しく暮らしてくださるご家族の元に送り出してあげたいです。





e0349048_01463262.jpg
この子も長居組の一員になってきました。
ほとんど目が見えていないようなのですが、そんなハンディも感じさせないくらい穏やかな子です。
私がランに入った時も、周りがお散歩の嬉しさで沸き立っていても
ひなたぼっこがよほど気持ちよかったのか、猛烈爆睡中で、
とんとんと起こしてあげて初めて気がついたほどでした。





e0349048_01362690.jpg
手術を終えた子はカラーをしています。
センターでは去勢、避妊手術済みの子が収容されることは珍しいです。
ほとんどが未去勢、未避妊の子達ばかり。
何度も出産したであろうお乳の子を見るたびに、
この子が生んだ子達はどうなったんだろう・・・
生まれた子達はどこでどうしているんだろう・・・
そんな風に考えると、無性にやりきれなさを感じます。
(この子は男の子です)







e0349048_01473689.jpg
現時点でのセンターで1、2を争うほどのハイパー女子。
一般家庭に入って普通の生活を送りさえすれば、このエネルギーをうまく発散できるはずです。
本人は超がつくほど甘えたさんで、可愛い子です。





e0349048_01405674.jpg
この子は初めてのお散歩の際、経験のなさや怖さからか、まったく歩くことができませんでしたが
それが今では本人なりに楽しんで歩けるようになりました。
リードの引きもなく、おっとりさんです。





e0349048_01393290.jpg
束の間の外での時間、五感を働かせて楽しんでね。





e0349048_18222280.jpg
ぽかぽかで気持ちいいね。





e0349048_01390108.jpg
歯が生え変わったばかりの若い子です。
人間で言えば、子犬が幼稚園生ならば、この子は小学校低学年といったところでしょうか。
色んなことを素直にぐんぐん吸収できる頼もしい子です。





e0349048_01421603.jpg
写真ではこの子の魅力を捉えきれていませんが、毛色、瞳、立ち姿、なんともいえない魅力的な子です。




今回のレポートで載せた子は一部で、他にも沢山の子が収容されています。
みんなみんな連れて帰りたいです。
みんなみんな、センターにいるべきじゃない子達ばかりです。


ぽかぽかと暖かく降り注いでくれるお日様よりも、
この子達との歩み一歩一歩の方がずっとずっと心がぽかぽかになります。

この温かさを感じられない人間の、その心の冷たさを考えると、気の毒にさえ思います。
こんなにも心を温かく穏やかにしてくれるこの子達を、いとも簡単に捨ててしまうんですから。
この温かさも穏やかさも、「いらない」とする人がいるんですから。
そんな人間が気の毒です。




妊娠しちゃったから。
子供産んだから。
番犬として用を足さなくなったから。
年をとったから。
病気になったから。
引っ越すから。
離婚するから。
アレルギーになったから。
旅行に行くから。
大家にバレたから。
次の犬(猫)を買ったから。
懐かないから。
言うこと聞かないから。
吠えるから。
イタズラするから。
収入が減ったから。
子犬じゃなくなったから。

だから 「 もういらない 」


私が今までに実際にこの耳で聞いた、捨てる人間による数々の身勝手で理不尽な理由。


去年の暮れ、電車内にて某カメラメーカーの広告が目にとまり、
岩合さんのキャッチコピーとして、「向き合う命に失礼のないように」という言葉がそこに。
ズキューン!!!!ときました。


それ。それです。
向き合う命に失礼のないように。
そうだ、それだ。
本当にその通りだ。


身が引き締まるような、背筋が伸びるような、魂を揺さぶられた岩合さんの言葉を
座右の名として、自分のモットーにしたいと思いました。

「 向き合う命に失礼のないように 」





【 お礼 】

横浜山手地区お散歩連合さんより、新聞紙、バスタオルなどのご協力を頂きました。
e0349048_03265604.jpg




浦安市 さくら動物病院さんより、新聞紙のご協力を頂きました。
e0349048_01433058.jpg




都築区の Kさまより、マーチンゲールカラーのご支援を頂きました。
e0349048_01440656.jpg

ご支援、ご協力に心より感謝致します。
ありがとうございました。




次回のお散歩ボランティアは、1月22日(金)を予定しています。





                    072.gif 参加者のレポート 072.gif

                         「るると一緒に
[PR]
by osanpo-center | 2016-01-09 03:46 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)





今年最後の千葉県動物愛護センターでのお散歩ボランティアが無事終了致しました。

e0349048_11544011.jpg



5月から開始して以来、隔週で実施してきました。
本当ならば隔週と言わず、毎週でも、いえ毎日でも実施したいところではありますが
それはなかなか厳しく、、、実施間隔については今後の課題のひとつとなりそうです。


お散歩ボランティアを続けてこれたのも、ご参加くださる多くの皆様のご協力があってこそ。
遠いところ朝早くからお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。
また、ご支援くださった皆様も本当にありがとうございました。
沢山のご支援、ご協力のおかげさまです。





お散歩ボランティアに参加してくださった方から

「 限られた時間の中のほんの短いお散歩でも、
外へ連れ出してからどんどん目の輝きを増してくる犬達の様子を見ていると
この短いお散歩の時間ですら、どれだけ心身共に有意義な時間となっているのか
この子達にとっては本当に大事な時間なんだということを改めて実感しました。」

このような感想を頂く事もあり、私達お散歩隊も本当に有難い気持ちでいっぱいです。

お散歩ボランティアの意義を感じてくださる方がお一人でも増えることが
センターの子達の幸せへの第一歩と繋がります。




初めてのセンター訪問という方も少なくなく、実際にセンターに足を運ばれた上で
自分に何ができるのか・・・を真剣に考えて、行動に移してくださる方も多く、
中にはセンターから犬や猫を迎えてくださったり、預かりを始めてくださった方も。




今年最後のお散歩ボランティアでも嬉しい出来事がありました。
センターを出て幸せへの一歩を歩み始めた子達が。

e0349048_11590428.jpg


ママはおらず、兄弟だけ8頭で収容された子達の中から
男の子、女の子の2頭一緒に預かりさんの家へ移動しました。

やっと離乳期に入った子犬達ですので、時期が来たら里親さまを募集します。
元気にすくすく育つように、皆様の応援よろしくお願い致します。





このように生まれたばかりの小さな命も、もう間もなくその生涯を終えるだろう老齢の子も
若さ溢れる元気な子も、怪我をしている子も、
人間を信じられなくなってしまった子でも
センターに収容されている子達は、どの子もみんな一頭残らずすべて
身勝手な人間から「 厄介者 」 扱いされることも
「 面倒 」 とされることも
「 不要 」 とされるべきでもない子達ばかりです。

ですが、犬や猫の命を軽視する、それこそ厄介で面倒な人間がいる現状では
悔しいかな、センターへの収容は後を絶ちません。

センターに収容される犬がいる以上、これからも地道にお散歩ボランティアを続けていきます。



今年、ご都合が合わずに参加が適わなかった方も、来年は是非ご参加ください。
センターの犬達と一緒に、お散歩隊一同お越しをお待ちしております。





「 お礼 」
横浜山手地区お散歩連合さんより、古新聞、フード、バスタオルのご協力を頂きました。

e0349048_11503765.jpg


浦安市 さくら動物病院さんより、古新聞のご協力を頂きました。

e0349048_11560476.jpg


ありがとうございました!!

引き続きセンターで使用する古新聞、バスタオル、猫砂、フードのご支援とご協力をお願い致します。
※お手数ですが古新聞はチラシの混入がないよう抜いてくださるようお願い致します※




2016年のお散歩はじめは 1月8日(金)9時40分~です。
来年もよろしくお願い致します。




                  参加者のレポート
                   072.gif「るると一緒に」072.gif
[PR]
by osanpo-center | 2015-12-19 12:29 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)

千葉県動物愛護センター(本所)でのお散歩ボランティアのご案内とレポート


by osanpo-center