>
※ お散歩ボランティアは個人でお散歩隊を結成して実施しています。
千葉県内外のいずれの団体にも属しておりません。 ※


◆一口フード支援金受付口座◆              
千葉銀行 浦安支店 普通 3723687 お散歩隊フード(オサンポタイフード)


今回のお散歩ボランティアは前回から3週間空いての実施となりました。
前日まで台風の影響が懸念されていて、もしや中止か?!という声もチラホラ・・・。
いやいや、ところがどっこい。
難なく実施できたのは、日頃の行いが良いからでしょうか?
(ということにしておいてください)
いえ、センターのみんなが台風をうまく回避させてくれたのだと思います。




皆様にご協力頂いている一口フード支援から、フードをお届けしました。

e0349048_23041002.jpg

ご支援くださった皆様のお気持ちと共に、
センターの子達の栄養となるフードをお届けすることができました。
ありがとうございました。



仔犬犬舎の子達です。

e0349048_00385138.jpg


e0349048_00382371.jpg




e0349048_00360210.jpg


e0349048_00354774.jpg




e0349048_00372978.jpg




e0349048_00370990.jpg




e0349048_00375707.jpg




e0349048_00364908.jpg




e0349048_00363051.jpg




e0349048_00352815.jpg




e0349048_00351095.jpg




e0349048_00340913.jpg




e0349048_00344853.jpg




e0349048_00342797.jpg




e0349048_00335158.jpg

お散歩に行ける子は少ないので、ほとんどの子がふれあいメインです。
なるべく時間をかけてゆっくりふれあうよう心がけていますが、
それでも時間は全然足りません。

本来ならば常に誰かがそばにいて、あたたかい眼差しと、優しく撫でてくれる手があれば
もっともっと原石が磨かれていくようにこの子達の笑顔を引きだせるのでしょうが
そういった経験を積むこともなくセンターに居たのでは、原石のままです。
磨きをかけ輝かせてくださる方の元で生き生きと過ごせる日が来ますように。
私達ももう少し長い時間、ゆっくりじっくりふれあいができればいいなと思っています。


女子部屋のこの子達も同様です。

e0349048_23030450.jpg




今回はドッグランの子達は一枚も撮っておりません。

e0349048_23014705.jpg




e0349048_23070020.jpg




e0349048_23090531.jpg




e0349048_23075807.jpg




e0349048_23001161.jpg




e0349048_22584245.jpg

このダックスはアカラスと思われる症状で、気の毒なほど皮膚が荒れていました。
犬にとっては痛みよりも痒みの方が耐え難いと聞いたことがあります。
本当かどうかは別としても、痛みだろうが痒みだろうがどちらにしても不快な症状は
一刻も早く取り除いてあげたいです。

長雨のせいか、真菌を患っている子も目立ちます。
濡れた状態を回避できるよう、こまめに新聞を取り替えてあげるだけでも
ずいぶんと違うはずです。
そろそろ古新聞の募集も再開したいと思いますので、
センターの子達の為にご協力をお願い致します。



諭吉ちゃんのことはお散歩隊のfacebookでもお知らせしていたので、
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、幸せへの旅立ちの前の諭吉ちゃんです。

e0349048_23050999.jpg

収容棟のケージの中で存在を消すようにしていた諭吉ちゃんが
その小さな身体で感じた愛のおかげで、瞳の中に生気が宿ったかのようです。
「あなたを大切にする」
揺るぎないその一言で、こんなにも変わるなんて。

センターにいる子達みんなが、誰かにそう言ってもらえたら
そう言ってもらうことをセンターという場所で待つこともないのに。


「あなたを大切にする」
心からそう言ってくれる人と、みんなが巡り合うことができますように。



次回のお散歩ボランティアは 30日(金)に実施予定です。





[PR]
# by osanpo-center | 2016-09-25 01:00 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)



9月2日(金)に実施してから一週間も間があいてしまいました。

収容犬の様子を気にかけて覗いてくださっている皆様、すみません。


少しずつ、本当に少しずつではありますが、すぐそこに感じられる秋の気配。
そろそろまた古新聞のお願いをさせて頂こうと思います。
センターのある富里・成田辺りは冬場になると都内近郊に比べて
5℃の違いがある時もあります。
古新聞はケージ内でペットシーツの役割もしますが、何よりも
冬場は特に暖をとる為に必要です。
お車でご参加くださる方は、来所の際に数部でも構いません。
お住まいのご近所にお声がけ頂いて集めて頂いたり、
少しでも持ち寄ってくださると助かります。
よろしくお願い致します。




2日に一口フード支援からお届けしたフードです。

e0349048_23515540.jpg

こうしてセンターの子達の為にフードをお届けできるのも、
ご支援くださる皆様のおかげです。
ありがとうございます!

暑さで体力が落ちている子も多く見られるので
少しでも栄養をつけてもらえたらと思います。




仔犬犬舎の子達です。

e0349048_20032574.jpg




e0349048_20014626.jpg




e0349048_20011789.jpg




e0349048_20005159.jpg




e0349048_19595250.jpg



e0349048_19584490.jpg




e0349048_19582313.jpg




e0349048_19575952.jpg




e0349048_19572988.jpg



e0349048_20001555.jpg



e0349048_19591625.jpg
奥の子は、副隊長が引き出し保護しています。
まだまだ置物のように固まっているようですが、少しずつ変化してくれています。
いずれ近いうちに里親さまを募集することになりますので、
その際は応援よろしくお願いします。





まだまだ冷え冷えベストが大活躍の暑さでした。
e0349048_19564031.jpg




e0349048_19570381.jpg



e0349048_23542789.jpg




e0349048_23552440.jpg



e0349048_20021984.jpg



e0349048_23584414.jpg




e0349048_23573094.jpg




e0349048_23565335.jpg




e0349048_23540012.jpg




e0349048_23562840.jpg




e0349048_23591126.jpg



e0349048_23525741.jpg


本当は一頭ずつみんなの良さを掲載したいのですが、
なかなか全頭あげることができません。

最近は譲渡希望で来所される方が多く、
センターの職員さんの努力が実を結び始めているんだなぁと実感しています。
希望者さんが、一頭一頭の性格について真剣に質問してくださる様子には
とても嬉しく思いますし、その場に居合わせた私達も
希望者さんに向けて、お散歩をしているからこそご説明できることも嬉しいです。





次回のお散歩ボランティアは、21日(水)に実施します。
9月17日(土)に開催される、なかよし動物フェスティバル2016の準備の為
9日~16日まで広場が使用できません。
なかよし動物フェスティバルの詳細はこちら ⇒

隔週金曜日の実施に合わせて、事前にお仕事のお休みをとってくださっている方もいらっしゃるので
変更でご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、お間違いのないようお願いします。
21日(水)の実施後は、通常通り金曜日30日に実施予定です。
どうぞよろしくお願い致します。






[PR]
# by osanpo-center | 2016-09-11 00:35 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)

7月のご報告に続き、8月のご報告として
8月2日~8月30日までにご支援くださった方のイニシャルを記載させて頂きます。
※敬称は略させて頂くことをご了承ください※
記入漏れ、イニシャル間違いなどないよう気をつけておりますが、
不備がありましたら 
osannpo_center@yahoo.co.jp までご連絡ください。


《8月5日》
M・Y        10,000円

《8月8日》
N・K         5,000円

《8月25日》
C・N         5,000円

《8月26日》
O・E        10,000円

《8月30日》
T・M         5,000円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 計         35,000円 
合 計       498,000円     


ドッグランを建設する為には、あと1,002,000円が必要です。 

が・・・っ!!!

当初、ウッドチップ代やポール設置費用などを除く費用が約1,500,000円(消費税別)で必要で
その費用150万円ほどがきっかり集まるまでは施工ができないという状況(お達し)だったのですが
センターの課長さんや、担当のMさんがお忙しい中何度も何度も県の衛生課に掛け合ってくださり、
その結果、まずはドッグランを囲むフェンスを購入し設置することまでの許可を頂くことができました。

e0349048_10363337.jpg

その他かかる土間コンクリート打ちなど、まだまだ費用はかかりますがドッグラン予定場所を囲うフェンスが購入できるまで、あと約25万円ほどが必要です。
とりあえず約75万円(消費税抜き)があれば、返し付き180cmの高さのフェンスを56m分、出入り用門扉などの設置が可能となります。

(フェンス取り付け前に植木の伐採・撤去が必須であり、機械導入が必要になる為、機械リース代・運搬費用なども考慮してあります)

あとほんのちょっとのところ!というところまで見えてきました。
理想とする形の本当の意味でのゴールはまだ遠く感じますが、一番費用が嵩むフェンスを購入さえできれば
ゴールは一気に近いところまでやってくると思います。

お散歩ボランティアにご参加くださる方、見学にいらしてくださる方皆様が実際に、既存のドッグランに出て過ごしている子と、収容棟内のみにいる子達の表情や身体の様子の違いをハッキリと感じ取ってくださいます。

何がどんな風に収容犬の為にドッグランが必要なのか、まだ想像や実感が出来ない方は、是非、直接ご自身の目でご確認ください。
お散歩ボランティア実施日であれば、ご案内致します。

ゴールまでの距離がほんの少し縮まった今、今一度皆様のご理解とあたたかいご支援を、センターの犬達の為にお寄せ頂きます様
心からお願い申し上げます。
あともう少し!です。
どうか、どうか、よろしくお願い致します!!


【 ドッグラン建設支援金受付口座 】

銀行名:千葉銀行
支店名:浦安支店
預金種別:普通
口座番号:3723695
口座名義:オサンポタイドッグラン


[PR]
# by osanpo-center | 2016-09-04 14:01 | ご報告 | Comments(2)
ご協力くださっている皆様、いつもありがとうございます!

7月21日~8月31日までご支援くださった方のお名前を記載させて頂きます。
 (記入漏れ、表記間違いなどないよう気をつけておりますが、万が一間違いがございましたらお知らせください)



7月(20日〆)繰越分   9,237円

敬称を略して記載させて頂きますことをご了承ください。
《7月25日》
C・Nエ     5,000円
I・Aコ    10,000円

《8月8日》
K・Yエ     5,000円
Y・Sコ     1,000円

《8月12日》
I・Mコ     1,000円

《8月19日》
I・Sコ     2,000円

《8月25日》
C・Nエ     5,000円

《8月29日》
T・Nコ     5,000円

《8月30日》
T・Mキ     2,000円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    計    36,000円    
   合 計   45,237円  



千葉県動物愛護センター(本所) お届け・購入済みフード、猫砂など

《8月5日お届け分》
仔犬用離乳食12袋、子猫用フード(パウチ)12袋×2セット×4種類、子猫用ミルク1缶
10,770円
《8月19日お届け分》
子猫用離乳食24袋、子猫用フード(パウチ)12袋×2セット×2種類、子猫用フード(パウチ)12袋×2種類
10,500円
《9月2日お届け分》
仔犬用離乳食12缶、子猫用離乳食24袋、子猫用パウチ12袋×2セット×2種類
9,370円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    残    14,597円

今月もおかげさまでセンターの子達の為に、皆様のあたたかいお気持ちからフードをお届けすることができました。
ありがとうございます!
引き続き、必要とされるフードを少しでもお届けできるよう、皆様のご理解とご協力をお願い致します。
フード支援金は下記の口座で受け付けております。
どうぞよろしくお願い致します。

◆一口フード支援のお振込先口座◆
  銀行名:千葉銀行
  支店名:浦安支店
  預金種別:普通
  口座番号:3723687
  口座名義:お散歩隊フード (オサンポタイフード)





[PR]
# by osanpo-center | 2016-09-04 13:12 | ご報告 | Comments(0)



熱帯低気圧の影響で蒸し暑い中、ご参加くださった皆様、
遠路お越しくださった方もいらっしゃって、ありがとうございます。
お疲れ様でした!



センターでは親子体験教室が開催されていましたが、
お散歩ボランティアにも親子でご参加くださった KちゃんとYさん、
AちゃんとTさん、
ありがとうございました。
とても嬉しかったです。

e0349048_11501043.jpg

Aちゃんとダックスのキャシーちゃん(センター名称)
恥ずかしがりやのキャシーちゃん。
声をかけても、目を合わせようとしても、写真を撮ろうとしても
お散歩してくれた Aちゃんの影に、すーっと隠れてしまいます。
そんな二人の可愛い様子を、離れたところから撮ることができました。

中学生のAちゃん、初めてのセンター訪問でのお散歩。
汚れた大人では感じ取りきれないような色々なことを心に刻んでくれたようです。
「自分でできることを考えて、また来たいです。」
そう言ってくれたAちゃん、いつでもウェルカムですよ。



e0349048_11530590.jpg

おもち嬢(センター名称)~~~~っ!!!
こちらはキャシーちゃんとは真逆の、それはもう「ワガママ」お嬢さん。
そうそう簡単に扱わせてくれない気位の高さを持ち合わせた、動けるおでぶさんです(笑)




e0349048_11483528.jpg



e0349048_11453070.jpg



e0349048_11445094.jpg

ゆーみちゃん(センター名称)
3年ほど前にセンターから一般譲渡になりましたが、お母さんが亡くなってしまい
ゆーみちゃんと共に暮らせない環境へ引っ越さざるを得なくなってしまったご家族により
再度センターへ戻ることになりました。
ゆーみちゃんにとっては悲しいお別れが続きましたが・・・
きっと、今度こそきっと、ずーっと一緒のご家族とのご縁があることを願っています。




e0349048_22453560.jpg



e0349048_22451676.jpg










仔犬犬舎の子達です。

e0349048_22455165.jpg


e0349048_22473910.jpg


e0349048_22471696.jpg


e0349048_22460786.jpg


e0349048_22465288.jpg


e0349048_22483073.jpg


e0349048_22485553.jpg


e0349048_22480208.jpg


e0349048_22493232.jpg


e0349048_22502242.jpg


e0349048_22500202.jpg


e0349048_22504871.jpg

この子達の全身から発している不安が消え去り、
みんなの瞳に、いつも優しく微笑みかける人の顔が映る日が来ますように。
どの子も経験不足による不安が大きいので、
根気強く向き合えるボランティアさんによるケアが必要です。




溜息が出るくらい、子猫達の収容も本当に多いです。

e0349048_11285074.jpg



e0349048_11303185.jpg



e0349048_11294765.jpg



e0349048_11334080.jpg



e0349048_11331780.jpg



e0349048_11352015.jpg



e0349048_11342627.jpg



e0349048_11370152.jpg



e0349048_11372746.jpg



e0349048_11375566.jpg



e0349048_11384687.jpg



e0349048_11392365.jpg




e0349048_11421934.jpg



e0349048_11414991.jpg



e0349048_11432304.jpg



e0349048_11425237.jpg



e0349048_11440093.jpg



e0349048_11400572.jpg



e0349048_11404718.jpg

完全な乳飲み子ではありませんが、完全に離乳するまで
もう少しの間ケアが必要な週齢の子猫が多く、また、状態が良くない子がほとんどです。

なるべく殺処分しないという方針で、センターや職員さん達が忙しい職務を縫って
懸命にお世話をしてくださっていますが、手が足りず、出来ることにも限りがあります。
授乳のみでしか育たないという子以外は、否が応でも自力で食事を摂らないと
どんどん弱り、体力が落ち、最悪の場合は亡くなってしまうことも稀ではありません。
昨日まで元気にしていた子猫が、翌日冷たくなっていた・・・ということは
これまでも散々この目で見てきました。

殺処分ゼロ!!と声を大にして叫ぶのもいいと思います。
殺処分がない世界を望みます。
ですが、現実的に収容には限界があります。
命が繋がった子達を引き受ける器がないと、結局はセンターも犬や猫で溢れるのです。

では、その器はどれだけの数も引き受けられる器でしょうか。
そうではないからこそ、どんなに可愛くても、どんなに状態が悪くても、
どんなに助けたいと思っても、器が足りないことで
引き出されることなく収容されている子がいるのではないでしょうか。
何よりも、センターのキャパも、器も足りない状況にしているのは
命を軽視する一般市民の意識の低さです。

器(=キャパ、資金力)があっても、蓋をしたままのケースもあるでしょうし
器から零れ落ちそうな状態を必死で抱きかかえているケースもあるでしょう。

命を軽視する蛇口からじゃんじゃん放出され、途切れなく収容される犬や猫。
蛇口を閉めなければ、引き受けられる器とのバランスがとれなければ、
殺処分はなくなりませんし、根本的な解決には繋がりません。

器を大きくしたくてもできないケースも多いです。
それでも懸命に頑張っているところには、その器の底が抜けないよう、
苦悩することなく維持できるようなサポートが必要だと思います。
有名どころが注目され、有名どころに集まりやすい資金も
もっと、本当に必要としているところへ流れるよう、
サポートする側の目を肥やすことも必要だと感じています。




センターのOさんが授乳中の仔犬の授乳ボランティアさん、預かりさんを募集しています。

e0349048_11311935.jpg

まだ目が開いていませんので、生後10日ほどの男の子です。
◆しっかり離乳が完了するまで育ててくださる方
  (その後センターに戻して頂いても構いません)
◆預かって里親さまを探して頂ける方
◆家族の一員として迎えてくださる方...

上記いずれか可能な方は、お散歩隊までご連絡ください。
osanpo_center@yahoo.co.jp



皆様からご支援頂いている、一口フード支援から
センターにフードをお届けしました。

e0349048_11305415.jpg
ご協力くださった皆様、ありがとうございます!
心から感謝申し上げます。
引き続き、センターの子達の為の一口フード支援金を受け付けております。
どうぞよろしくお願い致します。
◆千葉銀行 浦安支店 普通 3723687
お散歩隊フード(オサンポタイフード)



次回のお散歩ボランティアは 9月2日(金)を予定しております。
参加申し込み受付は 8月25日(木)から開始します。









[PR]
# by osanpo-center | 2016-08-20 14:23 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)

千葉県動物愛護センター(本所)でのお散歩ボランティアのご案内とレポート


by osanpo-center