>
※ お散歩ボランティアは個人でお散歩隊を結成して実施しています。
千葉県内外のいずれの団体にも属しておりません。 ※


◆一口フード支援金受付口座◆              
千葉銀行 浦安支店 普通 3723687 お散歩隊フード(オサンポタイフード)



一口フード支援にご協力くださっている皆様、センターの子達の為にご支援くださって
ありがとうございます!!

5月24日~6月29日までご支援くださった方のお名前を記載させて頂きます。
(記入漏れ、表記間違いなどないよう気をつけておりますが、万が一間違いがございましたらお知らせください)

5月(23日〆)繰越分    3,194円

敬称を略して記載させて頂きますことをご了承ください。

《5月24日》
T・Cロ     3,000円

《5月25日》
C・Nエ     5,000円

《5月29日》
M・Mミ    10,000円

《6月5日》
A・Rコ    10,000円
Y・Sコ     1,000円

《6月7日》
S・Mロウ    1,000円

《6月13日》
浦安 さくら動物病院募金箱 21,900円

《6月21日》
T・Cロ     3,000円

《6月22日》
T・Mキ     5,000円

《6月23日》
C・Nエ     5,000円

《6月29日》
M・Mミ     5,000円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    計    69,900円    
   合 計   73,094円  



千葉県動物愛護センター(本所) お届け・購入済みフード、猫砂など

《6月9日お届け分》
子猫用ウェットフード24トレイ×5  16,720円

《6月16日お届け分》           
子猫用ドライフード1,8kg×12袋  20,492円

《6月23日お届け分》
子猫用ウェットフード24トレイ×5  16,270円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    残         19,612円


センターの子達の為に、ご協力くださった皆様ありがとうございました!
あたたかいお気持ちがみんなの栄養となります。
怒涛の子猫の収容も少しずつ収束しつつありますが、子猫用のフード、子犬用のウェットフードの不足がまだしばらく続きそうですので、
今後ともご支援をよろしくお願い致します。
※成犬用のドライフードについては今年いっぱいはご支援頂いたストックで持ちそうです。



〔一口フード支援金受付口座〕
千葉銀行
浦安支店
普通口座:3723687
オサンポタイ フード



[PR]
# by osanpo-center | 2017-07-06 23:37 | ご報告 | Comments(0)


本日のお散歩ボランティアは、隊長の都合により中止とさせて頂きました。

お申込みくださった方がお一人のみということで、お散歩ボランティアを始めてから初めての異例の出来事でしたが、
お散歩隊ツイートで再度告知したところ、RTなどで多くの方にご協力頂いたおかげさまで
実施にも問題ない人数に達したものの中止となってしまい、大変申し訳なく思っています。

ご都合をつけてお申込みくださった皆様、せっかくのお申し出でしたのに申し訳ありません。
次回以降もご都合が合いましたら是非ご協力ください。
よろしくお願い致します。

e0349048_18242422.jpg


週に一度のお散歩を心待ちにしている収容犬達にも申し訳ない気持ちでいっぱいです…。
待っててくれてるみんな、ごめんね。





次回のお散歩ボランティアは7月7日(金) 実施予定です。
参加申し込み受け付けは2日(日)から開始します。





[PR]
# by osanpo-center | 2017-06-30 18:28 | お散歩ボランティアレポート | Comments(2)


お申込みくださったのが、締切間際までおひとり、、、という状態で
これは大変。
3人ではとてもとても数十頭(多い時には40数頭)のお散歩をこなすには厳しいなと、思っていたところ
ご都合をつけてご協力くださった皆様のおかげで、お散歩は普通通りにこなすことができました。
ありがとうございました。


収容頭数がいつもより少なめだったということもありますが、それに加えて
前日の譲渡会で新たに、黒じー、カレン、ベレンの3頭がセンターを卒業したということもありました。

また、当日にも 「犬を迎えたい」 と、2組のご家族が来所され
お散歩中にハヤトの卒業にも立ち会うことができました。

e0349048_13344198.jpg
お帰りになる際、わざわざお散歩している広場までハヤトを伴って来てくださって、
「この子の、ここはこうした方がいいとか、こうしてあげるといいとか、
気を付けた方がいいところや、癖なんかがあったら教えてください」

そのように訊いてくださり、これまで何度かセンターから一般譲渡される場面に立ち会いましたが、
【【 保護犬を迎える 】】 という、変な気負いというか、まるで特別のことかのように連れ立ってお帰りになる姿は見ましたが
こんな風にさらっと、これからこの子と楽しい毎日を過ごすんだ♪というお気持ちの現れたような様子は初めてで、とても嬉しかったです。

ハヤト、おめでとう!
毎日楽しく過ごしてね。





先日はセンターを卒業した ミールのご家族もご参加くださって、本当にものすごく嬉しかったのですが
センターから直接譲渡される子達に関しては、正直なところその後の様子が気にかかります。

私たちのようなボランティアを通しての譲渡であれば、お約束のひとつとして近況報告を頂いたりで様子を知ることができますが
センターから譲渡された子については、あくまでも任意でそこまでの縛りはないので、
ぶっちゃけもしかしたら番犬扱いで玄関先に繋がれっぱなしかも知れない…
身体に異変をきたしても、適切な処置をしてもらえないままかも知れない…
お散歩もしてもらってないかも知れない…などなど、余計なお世話ではありますが心配は尽きません。

ですが、センターには卒業していった子達の幸せそうな近況報告が沢山張り出されていますし、
このところはそういった心配も無用な程、微笑ましい卒業の様子も多くて嬉しいです。

保護犬を迎えること、決して特別なことではなく
あくまでもセンターは通過点であり、センター卒業だからといって
可哀想(だった)を全面に押し出して腫れ物に触るような接し方などしなくていいと思うのです。
ジメジメせずに、明るくさらっと、「犬と人」として毎日を楽しく過ごせばいい。

例え楽しく過ごせそうにない病気にかかってしまったとしても、それは保護犬だろうがペットショップから買おうが、ブリーダーから買おうが同じ。
病気になってしまった子を前に憂いてばかりいないで、その時から充実した時間を過ごす為に、前向きにできることをすればいいだけのこと、と隊長個人的には思っています。
病気にしたのも、病気を放っておいたのも前の飼い主で私じゃない、と放棄した驚くような例も実際にありましたが
収容される前の飼い主がこうしていてくれたら、、、ああしていてくれたら、、、そんな憤りを感じる前に
今自分の目の前にある命に、引き受けた自分がどう向き合うか、それだけを考えればいいだけではないでしょうか。




前置きが長くなってしまいましたが、この日お散歩に出たうちの写真が撮れた子達です。

e0349048_13474436.jpg
ヴィクトリアさん




e0349048_13450154.jpg
E部屋の通称「ママ」




e0349048_13420995.jpg
E部屋のテリアくん




e0349048_13405389.jpg
あぐちゃん




e0349048_13395032.jpg
ストックくん




e0349048_13384981.jpg
A部屋の茶ちゃん





e0349048_13375356.jpg
A部屋のうす茶くん




e0349048_13361974.jpg
E部屋のビーグルくん




e0349048_13334958.jpg
レイくん
飼い主募集中!本所【管理番号】4839





e0349048_11473944.jpg
B部屋の白さん




e0349048_11461909.jpg
D部屋の白茶さん




e0349048_11455480.jpg

e0349048_11453298.jpg
よもぎちゃん




e0349048_11451355.jpg

e0349048_11445598.jpg
くまさん
飼い主募集中!本所【管理番号】4554




e0349048_11440466.jpg
八右衛門
飼い主募集中!本所【管理番号】4679




e0349048_11443957.jpg

e0349048_11442218.jpg
カプくん







D部屋(旧シャンプー室・女の子部屋)の子達です。
e0349048_11471623.jpg


e0349048_11465862.jpg


e0349048_11463809.jpg







e0349048_14134991.jpg
この子はケージの中でも前脚をあげていましたが、お散歩へ連れ出しても時折きちんと着いて歩くものの、
ほとんどあげたままでしたので、一時的なものであればいいのですが、怪我か何か痛みがあるものと思われます。
職員さんに申し送りはしましたが、センターでできる治療は限られていますので、次週の様子も見たいと思います。





次回のお散歩ボランティアは6月30日(金) 実施予定です。
本日25日から参加申し込み受付を開始しています。
参加をご希望の方は、ブログTOPに記載された専用のフォームからお申込みください。
おひとりでも多くの方にご参加頂けると、その分一頭にかける時間を多く持つことができます。
どうぞよろしくお願いします。




[PR]
# by osanpo-center | 2017-06-25 12:40 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)


湿度がなければもう少し過ごしやすかったかなぁ?というムシムシした暑さの中、
ご参加くださった皆様ありがとうございました!


久々に賑やかな程沢山の方にお越し頂いたので、それをいいことに、隊長は広場の枝切りオバサンと化して
以前から歩くのに 邪魔に思っていた 気になっていた枝を、せっせと切り落として片づけることに専念させて頂きました。
えぇ、男手作業は隊長の役目ですので(笑)



この日、何よりも嬉しかったのは、皆様のご記憶にも新しいと思いますが
センターから卒業した ミール の里親さんがご参加くださったこと!!

e0349048_09395035.jpg
これまで保護犬、保護猫を迎えられた方がご参加くださることがほとんどでしたが、
センターから譲渡された子のご家族がご参加くださる日がくるなんて!なんて嬉しいことでしょう。
特に一般譲渡でセンターを卒業した子達は、職員さんはもちろんのこと、私たちもその後がとても気になります。
センターに貼られている幸せそうな近況を拝見できることも嬉しいのですが、
「うちの子も皆様にお世話になりましたので、お礼も兼ねて。」とおっしゃってくださいました。
うちの子、、、ミールもそんな風に言ってくれる家族が出来て良かった!!
本当に嬉しいです(感涙)
ミールママもご参加くださってありがとうございました。

ミールは名前もそのままミールで、先住猫さんLOVEの楽しい毎日を送っているようです。
ミールのようにセンターを卒業し、毎日愛情もって大切にしてもらい、幸せを感じながら伸び伸びと毎日を送る子が、この先ももっともっと続いてくれることを願っています。





子犬犬舎の子達です。
e0349048_12490948.jpg



e0349048_12483820.jpg



e0349048_12481140.jpg



e0349048_12464725.jpg



e0349048_12462121.jpg



e0349048_12460234.jpg



e0349048_12453843.jpg



e0349048_12450744.jpg



e0349048_12443470.jpg



e0349048_12440735.jpg



e0349048_12422562.jpg



e0349048_12420276.jpg



e0349048_12414045.jpg



e0349048_12411558.jpg



e0349048_12405373.jpg



e0349048_12274002.jpg








暑さも本格的になってきましたので、ストレスなく着せられる子についてはクールベスト着用でお散歩してもらいました。

e0349048_12260640.jpg
たなかくん




e0349048_12264751.jpg




e0349048_12253274.jpg
こんくん



e0349048_12250621.jpg




e0349048_12244688.jpg

e0349048_12242030.jpg




e0349048_12235584.jpg

e0349048_12232442.jpg
竹蔵くん
飼い主募集中!本所【管理番号】4851



e0349048_12223826.jpg

e0349048_12222031.jpg
よもぎちゃん



e0349048_12212835.jpg
キララちゃん



e0349048_12203159.jpg

e0349048_12201291.jpg
新田くん
飼い主募集中!本所【管理番号】4361



e0349048_12191277.jpg

e0349048_12193384.jpg
黒じー
飼い主募集中!本所【管理番号】4356



e0349048_12183291.jpg

e0349048_12185021.jpg
カレンちゃん
飼い主募集中!本所【管理番号】4733



e0349048_12181135.jpg



e0349048_12172693.jpg

e0349048_12170995.jpg



e0349048_12164586.jpg

e0349048_12163216.jpg
ベレンくん
嬉しいことに、あんなにも無表情だった彼の中に、
お散歩することの楽しさが芽生えてきたようでした。
もっともっとこの笑顔が輝きますように。



e0349048_12161570.jpg
ハヤトくん



e0349048_09001200.jpg
ストックくん





D部屋(旧シャンプー室=女の子部屋)

e0349048_12210922.jpg



e0349048_12205228.jpg



4日目の部屋(男の子の部屋)

e0349048_14261519.jpg



e0349048_14255156.jpg




e0349048_14252291.jpg
この部屋の新入りさん、、、そこまで逃げたい心境を顕わにしなくても、、、
こんな体制をとらなくてもよくなるまで、この子の心の中の塊が解けてくれるといいのですが。

いつの日か、この部屋を出てステップアップしてくれるよう、せめて事務的なふれあいにならないよう
少ない時間でもじっくり向きあいたいと思います。






皆様にご協力頂いている一口フード支援から、職員さんからご希望があった子猫用のドライフードをお届けしました。

e0349048_14264579.jpg


いつもあたたかいお気持ちをお寄せくださってありがとうございます!
おかげ様でこのように必要とされているものを少しずつお届けすることができています。
ご支援、ご協力くださった皆様、ありがとうございました!









次回のお散歩ボランティアは23日(金)を予定しています。
参加申し込み受付は明日18日(日)から開始しますので、ブログTOPに記載された専用のフォームからお申込みください。
受付締切後に順次ご連絡致しますので、それまでお待ちください。
よろしくお願い致します。



[PR]
# by osanpo-center | 2017-06-17 14:51 | お散歩ボランティアレポート | Comments(0)

医療費ご支援について



まるちゃん、モスくんへあたたかいお気持ちをお寄せくださった皆様、
ご支援くださいまして、本当にありがとうございました。


嬉しいことに、おかげさまでまるちゃんの里親さんが決まりましたし
モスくんもメインの治療は終わりましたので、ご支援のお願いを終了とさせて頂きました。

これまで頂戴した医療費のご支援について収支報告をさせて頂きます。

敬称を略してイニシャルにて記載させて頂きますことをお許しください。
※フルネームでの掲載をご希望の場合はお知らせください。※

《4月21日》
T・Mロ    10,000円
I・Sコ     1,000円
O・Hミ    10,000円
I・Kル     3,000円

《4月24日》
K・Yコ    10,000円
N・Sキ    10,000円
S・Kコ     5,000円

《4月5日》
N・Eコ     5,000円
I・Aコ    10,000円
O・Mリ    10,000円

《4月26日》
O・Yミ    10,000円
K・Mリ     5,000円
U・Cル    10,000円
T・Mキ     5,000円

《5月1日》
O・Kナ     2,000円
A・Mコ    10,000円

《5月8日》
M・Kヨ     3,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  計    119,000円     



《まるちゃん医療費支払い》
・大腿骨骨折治療
(プレート固定手術、入院費、リハビリ治療)
・避妊手術
・術後検査
・トリミング
※浦安市さくら動物病院にて
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     91,800円(端数は切り捨て)   



《モスくん医療費支払い》
・会陰ヘルニア手術
・去勢手術
・褥瘡縫合
・眼窩下膿瘍による抜歯手術
※浦安市さくら動物病院にて

・ペットホテルお泊り代
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     64,000円(端数は切り捨て)


差し引き  ー36,800円



まるちゃんを応援してくださった皆様、ありがとうございました。
皆様の応援のおかげさまで、まるちゃんはもう二度と離れることのない本当のご家族と共に
これからのまるちゃんの犬生を歩むことになります。

ー36,800円は、まるちゃんの里親さんにご負担して頂くことでご了承頂きました。



まるちゃんにしても、モスにしても、いずれも事情を考慮してくださった
浦安市さくら動物病院の斎藤院長先生のご厚意により、通常の半額以下どころじゃない破格の治療費の上
入院費やその他多くの部分で院長先生に泣いて頂きました。
院長先生、このたびもお忙しい中ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。
「彼らが良い状況になるようにベストを尽くしましょう!」
と、ありがたいお言葉を頂いた上に、先生はじめスタッフの皆様にも手厚く診て頂けたおかげさまで、
まるちゃんもモスくんも元気に回復することができました。
心から感謝申し上げます。

まるちゃんとモスくんにあたたかいお気持ちをお寄せくださった沢山の皆様にも
心よりお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
皆様のあたたかいお気持ちとご協力のご支援があったからこそ、まるちゃんもモスくんも
適切な処置により、長年苦しんだ痛みから解放されて元気になることができ
まるちゃんは幸せをつかむことができました。

本当にありがとうございました!!




[PR]
# by osanpo-center | 2017-06-11 09:57 | ご報告 | Comments(0)

千葉県動物愛護センター(本所)でのお散歩ボランティアのご案内とレポート


by osanpo-center