>
※ お散歩ボランティアは個人でお散歩隊を結成して実施しています。
千葉県内外のいずれの団体にも属しておりません。 ※


◆一口フード支援金受付口座◆              
千葉銀行 浦安支店 普通 3723687 お散歩隊フード(オサンポタイフード)

講座のご感想 ―その1―



講座Part1、Part2と開催してきましたが、頂戴したご感想を掲載させて頂きます。


講座Part2にご出席くださった Sさんからのご感想です。

☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆

吠えは犬のコミュニケーションツールの一つであるとのお話に、吠えに無頓着でいることは、犬を理解しようとしていないのと同じなのだと気づきました。また犬のサイン・声音・吠えの状況を都度観察し、「よい対処」をすれば修正できることが分かり、不安が解消されました。そして飼い主にはスキルが必要であることもよくわかりました。昔飼っていた犬に、吠えずに済む環境を用意してあげたかったと切に思った講習会でした。

今回初めて参加しましたが、犬と関わりを持つすべての人に知って欲しい内容でした。最新の情報に触れられるという意味でも、ぜひ定期的に牧口先生シリーズを開催していただきたいです。次回を楽しみにしています!


☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆

Sさん、ご感想をありがとうございました!

これまで講座内では、これがストレスサインだから〇〇しない、だとか
吠えたら〇〇する、だとか
そういった安易な解決法をレクチャーするのではなく、
状態がこうであるなら何をどのようにすればいいか、また、違ったシチュエーションの場合はどうするか等
まずはバッググラウンドから考えて原因を解明してそれぞれの対処法を探り、
様々なケースに対応できるように、犬を読みながら考えるきっかけ作りをします。

これはきちんと動物行動学に基づいて理論づけて説明できるからであって
本来テクニシャンが学ぶ内容をやさしく分かりやすく教授できる牧口先生だからこその講座です。

うちの子は吠えないから、うちの子は咬まないから受ける必要がない内容と思われがちかも知れませんが
では、そういう方がどこまで犬を読めているかというと、ほとんどは読めていないと思いますし
問題のない子と暮らせていることがラッキーなだけで、他の子を読めるかと言えば疑問です。
ましてや私達お散歩ボランティアのように、どういう子であるかわからないまま初めて接する子をお散歩に連れ出す等
犬を読めることがとても重要になってきます。

だからこそ、この講座で学べる方は本当にラッキーだと思います。
自信を持っておススメできる講座です。

e0349048_18052901.jpg
友情出演:ちびたろうくん


次回の講座Part3についての詳細はこちらから→ 講座 Part3の開催について

開催告知からすでに半数以上のお席が埋まっておりますので、お申込みはお早めに(^^)
共に学べる機会を楽しみにしています。


[PR]
by osanpo-center | 2018-05-29 13:49 | 講座 | Comments(0)

千葉県動物愛護センター(本所)でのお散歩ボランティアのご案内とレポート


by osanpo-center